バックナンバー

  • 2020年11月27日:たけしのニッポンのミカタ!【訳アリ客がやってくる…人情深夜食堂】

(ゲスト)
磯山さやか

深夜1時過ぎにオープンする食堂…
たった一人でお店を切り盛りするご主人は79歳。
人情深夜食堂にやってくる訳アリ客とは?
▼超便利!合羽橋でバカ売れ!人気調理道具とは?


<「ド深夜にオープンする店があるらしいのですが…どんな店なんでしょうか?」>

墨田区・東京スカイツリーの近くにある食堂「菊屋」は、深夜にオープンする不思議な営業スタイル。深夜にもかかわらず続々と客が訪れ、中には店内で寝る客、洗濯物を頼む客まで…。イチオシはカレーで、値段は300円と激安。店主は27年間、年中無休でこの食堂を切り盛りしているそう。一体なぜこんなスタイルを続けているのか?リモート中継で店主を直撃!

<チャーハンマニア厳選、今食べるべきチャーハン>

20年間で5000食以上のチャーハンを食べてきた愛好家が登場。今食べるべきオススメのチャーハンを紹介する。元フレンチシェフが作るレタスチャーハン、超シンプルだが絶品の玉子チャーハンなど、マニアならではの視点でセレクト。

<「合羽橋で今大ヒットしている料理道具があるって本当ですか?」>

合羽橋で評判となり、大ヒットとなったピーラーがある。販売しているのは大正元年に創業したキッチン用品の専門店「飯田屋」。このピーラーを作ったのが、6代目店主。店には自分が実際に使ってみて良かったもののみを並べ、ピーラーは5年の歳月をかけ究極の品を開発した。果たしてどんな使い心地なのか?スタジオにも店主が登場し、ピーラーの使い方をレクチャー。

ページTOPへ