My Fresh Life

 

期間限定無料配信中!

    次へ

    前へ

     

    ネットもテレ東

    2020年 月 日(日) ...

    ...

    番組記事

    • 2021年6月6日

      通勤地獄が一転、楽しい“のびのび時間”に! エネルギー事業の総合サービスを展開する「シナネンホールディングス株式会社」に勤める南 博さん(54歳)。現在、妻の文子さん、2匹の愛犬クロ(16歳)・ネロ(4歳)と暮らしています。

    • 2021年5月30日

      “夢のmy工房”をオープン 木工製品・家具の工房「WORK STUDIO KIDUKI」を昨年オープンさせた、木工職人の佐藤創太さん(37歳)。佐藤さんは、会社経営者の妻と2人の子どもの4人家族です。子どもの頃から木で何かを作るのが大好きだったという佐藤さんは、2017年に脱サラを決意。職業訓練校で木工技術を一から学びました。

    • 2021年5月23日

      生まれ変わった“第二の人生” モバイル端末のセキュリティーサービスでトップシェアの「アイキューブドシステムズ」取締役営業本部長の林正寿さん(48歳)。現在、妻と高校1年生の長女、中学2年生の双子の息子の5人家族です。在宅勤務になる前は、仕事に付き合いの飲み会にと多忙を極めていた林さん。家族との大切な触れ合いの時間を、犠牲にしてきました。

    • 2021年5月16日

      夫婦大逆転!パパなのにママ友ができた!? 「バイトル」など人材サービス事業や、「コボット」などDXサービス事業を運営している会社、ディップに勤める亀田重幸さん(36歳)。
      去年から、仕事に育児にと大きな変化が起きました。

    • 2021年5月9日

      究極の働き方“ヨット暮らし” 「17LIVE」で人事の管理職をしている、越智一平さん(39歳)。昨年から100%リモートワークになったことを機に「先行きが不安な世の中なら、いっそのこと一生に一度のチャレンジしよう」と、なんと横浜の自宅を解約。元々瀬戸内海の島で育った越智さんは、海での暮らしに強く惹かれ、中古のヨットを購入。

    • 2021年5月2日

      いざ鎌倉!で”人生解放” フリーランスのマッチングサービスを提供する企業「ランサーズ」で企画担当の渥美祐子(あつみゆうこ)さん(40歳)。以前から夫に鎌倉移住を提案されていたのですが、ひたむきに働いてきた渥美さんは都心の「通勤時間の短さ」を手放せませんでした。

    • 2021年4月25日

      逆境を乗り越え、夢へ二人三脚! 2021年4月1日、神奈川県茅ヶ崎市に「THE NYC BOX(ザ・ニューヨリカン・ボックス)」というバーをオープンした坂井寿光(さかいとしみつ)さん(40歳)。結婚7年目の妻・沙織さんと2人暮らしです。都内のバーに正社員として勤務していた坂井さんですが、2020年の緊急事態宣言を受けて、お店も1か月半の休業を余儀なくされました。

    • 2021年4月18日

      家族の心が通いあう“絆時間” 化粧品会社ランクアップで、マナラの商品開発を担当している佐々木美絵さん(44歳)。佐々木さんは、夫の一真さん(40歳)と長女の一乃ちゃん(9歳)、長男の一太くん(5歳)の4人家族です。昨年から在宅勤務が始まり、「家族の時間を作れる」と期待していた佐々木さん。

    • 2021年4月11日

      “ご近所づきあい”で笑顔倍増 賃貸住宅運営や不動産プロデュースなど“暮らしを育てる”がテーマの会社「まめくらし」に勤める宮田サラ(みやたさら)さん(27歳)。JR東日本の社宅をリノベーションした高円寺アパートの管理をする“女将”として住人や近隣住民との関わりを大切にしています。

    • 2021年4月4日

      心のゆとりで“夢に一歩前進” 医療の人材サービス企業、エムステージで事業部長を務める田中宏典さん(39歳)。妻と1歳の娘との3人家族です。田中さんは在宅勤務となり、”自然に触れ合えるゆとりの時間”を得たことで「童心に返ったような感覚でいられる」と話します。忘れかけていた子供の頃のワクワクが止まらない生活が始まりました。

    • 2021年3月28日

      二人と一匹、猫が招いた幸せ AI製品を開発する企業「ABEJA」で、主にソフトウエアエンジニアを担当する大田黒紘之さん(27歳)。現在婚約者との2人暮らしですが、実は大の猫好き。以前から猫を飼う事を夢見ていましたが、仕事で帰宅が遅い上に家を空けることも多く、諦めていました。

    • 2021年3月21日

      身も心も解放! 憧れの海辺暮らし ソーシャルメディアを開発する企業、ガイアックスで広報を担当している遠藤桂視子さん(33歳)。実家がある埼玉から憧れの逗子に移住し、リモートワークを始めました。

    • 2021年3月14日

      「ながら行動」で家族幸せ!  全国にパソコン教室を展開している「リンクアカデミー」で講師を務める、畑澤由美子(はたざわゆみこ)さん(41歳)。育ち盛りの5歳・9歳の息子2人と、夫との4人暮らしです。

    • 2021年3月7日

      家族のびのび!憧れの“ログハウス” 都内の不動産投資会社に勤める成島和也さん(42歳)。妻の智愛子さん(39歳)、長女の颯夏ちゃん(5歳)、次女の希花ちゃん(3歳)の4人家族。去年まで都心のマンションに暮らしていました。家族の夢は「手軽にキャンプに行く事」。

    • 2021年2月28日

      ピンチをチャンスに!前向き社長 イベントなどに食事を提供するケータリング会社「CRAZY KITCHEN」の社長、土屋杏理さん(37歳)。コロナでイベントがなくなり、仕事がほぼゼロに。このことが、今まで仕事中心の人生を送っていた土屋さんが“暮らし”に焦点をあてるきっかけとなりました。

    • 2021年2月21日

      ”在宅ダイエット”で理想のパパに ベンチャー企業向けのビジネスコンサルタント会社「白潟総合研究所」に勤める石川哲也(いしかわてつや)さん(33歳)。以前は、朝6時に自宅を出て、23時に帰宅するというハードな毎日でした。平日は子供たちが起きている時に ほぼ顔を見ることができなかったそうです。

    • 2021年2月14日

      “理想の在宅”で好奇心がフル回転 株式会社ワーク・ライフバランスで「働き方コンサルタント」として働く大塚万紀子さん(42)。夫と、中1、小2の娘さん2人との4人暮らしです。在宅勤務が始まり、往復1時間半の通勤時間がなくなりました。

    • 2021年2月7日

      夫婦の役割が逆転!? 家事・育児に奮闘中 漫画アプリ開発とIoT事業を行う「and factory(アンドファクトリー)」に勤める、池田幸司さん(36歳)。ホテルや旅館など、宿泊施設の客室内に設置する新たな客室タブレットサービス 「tabii(タビー)」の営業を担当しています。

    • 2021年1月31日

      ミニバンDIYで“移動式オフィス”を実現! フリーランスで企業の広報コンサルタントをしている澤野優美子さん(45歳)。去年リモートが増えたことをきっかけに一念発起、「仕事環境」を一変させました。およそ30万円でミニバンを購入、DIYで改造し自分専用の「移動オフィス」を手に入れました。

    • 2021年1月24日

      「災い転じて福となす」!“攻め”の在宅 今、急拡大中のビジネス向けSNS「ウォンテッドリー」の運営会社に勤務する、大坪新平さん(26歳)。在宅勤務生活がスタートしたのは、昨年の3月末。以来何かと制限のある生活を送りながらも、発想の転換で様々な事にチャレンジしてきました。まさに「攻め」の在宅。

    • 2021年1月17日

      “在宅DIY”手作り家具が家族を繋ぐ 求人メディアのベンチャー企業「アトラエ」のWebデザイナー、紺谷昌充(こんやまさみつ)さん(41歳)。子どものころからものづくりが好きで、大学時代には既にDIYを始めていた「DIYの達人」です。

    • 2021年1月10日

      在宅で家事分担!“夫婦円満”に ビジネスチャット「Chatwork」の運営会社に勤務する稲田 恵美子さん(27歳)。2年前に同い年の夫と結婚し、現在千葉県に2人で暮らしています。

    • 2020年12月20日

      働き盛りの3児の父、仕事も子育ても全力! キャリア支援や採用支援などの人材サービスを、ITを活用して行う会社「grooves(グルーヴス)」に勤務する田中 祐輔さん(35歳)。30代半ばの若さで、ベンチャー企業の取締役という責任ある仕事を任され現在も活躍中です。

    • 2020年12月13日

      新たな学びと”江戸レシピ”に心躍る日々 レシピサービス「クックパッド」に勤める、プログラムエンジニアの伊尾木将之さん(41歳)。在宅勤務になって時間に余裕が生まれた伊尾木さんは、以前から興味を持っていた江戸の歴史を学ぶため、慶應大学文学部に通信制で入学しました。

    • 2020年12月6日

      リモートで劇的気分転換!「思う存分楽しみ、仕事する」 ゲームや広告・Webサービスなどの事業を行う「面白法人カヤック」の兼康希望さん(34歳)。最年少でプロデューサーとなり管理職を任されていましたが「面白い企画を作りたい」と、4年前に再び現場に戻ります。

    • 2020年11月29日

      父と息子の心を一つに!在宅おもちゃ開発 土肥雅浩さん(54歳)は、玩具メーカー「タカラトミー」の“スゴ腕”おもちゃ開発者。子どもの心をがっちり掴むおもちゃを、長年作り続けています。

    • 2020年11月22日

      仕事もプライベートも…「変化」を全身で楽しむ。 食材宅配サービス「オイシックス・ラ・大地」に勤める尾花美咲さん(28歳)。2020年は人生の転機となる変化が次々と起こった年でした。

    • 2020年11月15日

      ”仕事中心”から”幸せ中心”に インターネットで様々な事業を展開する「サイバーエージェント」。その関連会社「eStream(イーストリーム)」で社長を務める、高井里菜さん。2018年に27歳の若さで社長に抜擢され、やりがいと同時に緊張感を背負って仕事に打ち込んできました。

    • 2020年11月8日

      リモートワークで実現!“パパの特製朝ごはん” 素敵な生活雑貨のデパート「ロフト」で、家電バイヤーを務める加藤健さん(37歳)は、二児のお父さん。今年春、緊急事態宣言とともに全国にあるロフトの店舗は一斉に休業。

    • 2020年11月1日

      リモートが縮めた距離 夫婦で“幸せの決断” リノベーション会社「リノべる」で働く、井上隆人さん(27歳)と七海さん(26歳)。今年の7月に結婚したばかりの幸せ溢れるご夫婦です。

    • 2020年10月25日

      「日本中がオフィス」の究極リモートライフ “自撮り”の背景に映るのは、瀬戸内海に面した尾道です。彼は、都内のコンサルティング会社に勤める西出さん(29歳)。介護をしていた父親の死をきっかけに生活環境の一新を思い立ちました。

    • 2020年10月18日

      畑がオフィスに!地元の素晴らしさに出会う日々 マイクロソフトから転職し、IT企業サイボウズに勤める中村龍太さん(56歳)。東京まで通勤する毎日から、この3月、都心から離れた千葉県印西市の自宅でのリモートワークへと生活が一変しました。

    • 2020年10月11日

      リモートワークで手に入れた“子どもとの時間” 都心のIT企業で働きながら、7歳の息子と3歳の娘を育てる岡野さん(44歳)。新型コロナの影響で2月からリモートワークになったことで、自分だけでなく、家族の生活にも”嬉しい”変化が訪れました。

    • 2020年10月04日

      渋谷から、“サーフィン付き”の一軒家へ 大手証券会社から転職し、AIで企業動向を予測するIT企業で働く木庭さん(30歳)。新型コロナの影響で渋谷の本社が縮小・移転したことを機に、今年7月、海辺の街・千葉県一宮町への移住を決断しました。

    /pages
    もっと見る