イントロダクション

朝鮮王朝最高の天才君主・世宗大王―ハングル誕生の陰に隠された“民の苦悩”“王の葛藤”“謎の秘密組織”それぞれが絡み合う歴史ミステリー超大作ついに登場!!

1418年、譲位により朝鮮王朝4代王として世宗イ・ド(青年期:ソン・ジュンギ)が即位したが、軍権を中心に実権は前王である太宗イ・バンウォンが握っていた。王権強化のため有力な臣下をことごとく粛清してきたイ・バンウォンは、イ・ドの義父であるシム・オンとその一家を反逆罪で処刑する。シム家の使用人の息子のトルボクは、幼なじみのタムと逃げ出すが、途中で離ればなれになってしまう。月日は流れ、1446年。イ・ド(ハン・ソッキュ)が父を殺した張本人と思い込んでいたトルボクは、カン・チェユン(チャン・ヒョク)と名を変えて、イ・ドへの復讐を胸に武官として宮中に勤務する。その頃、宮中では、イ・ドの文字創製事業に関わる人物が次々に殺害される事件が起こっていた。イ・ドから直々に事件捜査を任されたカン・チェユンは、その過程で王権を牽制する秘密組織“密本(ミルボン)”との闘争に巻き込まれる一方、文字創製事業の中核を担う女官で、幼い頃の記憶により口がきけないというソイ(シン・セギョン)が、タムであることに気付く。

歴史背景・朝鮮王朝略系図はこちら