イントロダクション

欲望にまみれた愛憎サスペンス
【女の戦争~バチェラー殺人事件~】
テレビ東京初出演にして、
自身初のドラマ主演!

ミュージカル界の貴公子・古川雄大
総資産3,000億円
華麗でハイスペックな
御曹司バチェラー
を演じます!

御曹司チェラーを奪い合う
7人の豪華女優陣も一挙解禁!
最後に笑うのはだ!
そして彼をしたのは一体…。
※女性キャストの中に犯人がいます。

今年4月から新設された、テレビ東京土曜深夜ドラマ枠『サタドラ』。
7月からは、女性たちの欲望にまみれた愛憎サスペンスドラマ『女の戦争~バチェラー殺人事件~』の放送が決定しました!

主演は、大人気ミュージカル「エリザベート」「モーツァルト!」など多くのミュージカル作品にて観客を魅了し、昨年は連続テレビ小説「エール」でミュージックティーチャーとして鮮烈な印象を残し、より一層今後の活躍が期待される古川雄大に決定!
本作でテレビ東京初出演にして、テレビドラマ初主演となります。
古川が演じるのは “華麗でハイスペックな御曹司バチェラー・鳴戸哲也(なると・てつや)”。数々の王子を演じてきた“ミュージカル界の貴公子”古川雄大が、現代日本の王子役としてどのような魅力を放つのか、目が離せません!

イントロダクション

バチェラーの愛を巡って繰り広げられた女性たちのバトルの末、辿り着いたのはバチェラーの死…?
女性たちは、ただ哲也と結ばれたいだけではない。
女性たちにはそれぞれ“裏の顔”があり、それぞれの狙いがあり…。
哲也が最後に選ぶのは誰なのか、哲也を殺すのは誰なのか、欲望にまみれた愛憎サスペンス。

プロデューサーコメント

今回の『サタドラ』はオリジナル作品で愛憎サスペンス・コメディをお届けします。
誰もが憧れるハイスペックな御曹司の妻の座を狙う7人の女性たちのドロドロの戦いと人間模様、心の裏側を描きながら“今を生きる”女たちの『愛』『家族』『野望』『憎しみ』について問いかけます。
「果たして世の女性を魅了する理想の王子役にふさわしい俳優さんはいるのか…!?」
そこが大きな課題でしたが、ミュージカル舞台のセンターでキラキラと光り輝きオーラに包まれた古川雄大さんを見たとき、探していた王子様がここにいた!と確信しました。
鍛え上げられた長身に甘いマスク、時折見せるキリッとした気高き表情、今回の御曹司役には古川さん以外考えられません。この作品では古川雄大さんの魅力をたっぷりご覧いただきます。
一方、花嫁の座を狙う女性たちには、様々なドラマや映画で活躍中の豪華女優陣7人が揃いました。葵わかなさん始め、トリンドル玲奈さん、寺本莉緒さん、尾碕真花さん、北原里英さん、そして成海璃子さん、真飛聖さんという、これ以上望めない魅力的かつバラエティーに富んだ布陣です。激しいセリフの応酬、目的のために手段を択ばず戦うブッ飛んだ強い女たちをどう演じていただけるか今から楽しみです。女性の怖さ、強さ、脆さ、滑稽さを存分に表現していただけると思います。
虚実が交錯するドラマでもあり、女優の皆さんには芸名と同じ「名前」で演じていただきます。そんな遊び心にもぜひご注目ください!毎話ハプニングの連続ですが衝撃の最終話までお見逃しのないようご覧いただければ幸いです。
(テレビ東京 田中智子)

Cö shu Nie(コシュニエ)・コメント

今回『女の戦争~バチェラー殺人事件~』の主題歌を担当させて頂くこととなりました、Cö shu Nie(コシュニエ)です。
この『undress me』という曲は、例えば、”ある人物が、どういう理由で愛する人の命を奪うだろう”と、心の機微をしたためたものです。作品のプロットを読ませて頂いて、登場人物達の欲望に忠実に猪突猛進するエネルギーに衝撃を受けました。これから毎週、愛すべき女達に振り回されながら放送を楽しみたいと思います!

番組概要

番組名 サタドラ 『女の戦争~バチェラー殺人事件~』
放送日 2021年7月3日(土)夜11時25分~
放送局 テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ 九州放送
配信 動画配信サービス「Paravi」にて毎話1週間先行配信中
【Paravi】https://www.paravi.jp
主演 古川雄大
出演 葵わかな、トリンドル玲奈、寺本莉緒、尾碕真花、北原里英、成海璃子、真飛聖
松大航也 喜多乃愛 芹沢瞬 / 羽場裕一
脚本 山岡潤平
演出 北川瞳 安見悟朗
音楽 福廣秀一朗 平野真奈
主題歌 Cö shu Nie(コシュニエ) 「undress me」
(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
チーフプロデューサー 稲田秀樹(テレビ東京)
プロデューサー 田中智子(テレビ東京) 高石明彦(The icon) 古林都子(The icon)
制作協力 The icon
製作著作 テレビ東京
ページトップに戻る

おすすめドラマサイト