キャスト

森山良春役:小関裕太

森山良春 小関裕太

神田が勤める音楽教室の同僚。気軽に話せる同性の仲間がほしいと思っていたところ、神田と一緒に働くことになり喜ぶ。神田の紳士的な姿勢と内面に触れ、強く慕っていく。

コメント

お話を頂いた時に、真っ先に原作を手に取り、素敵でフフッと笑えて心が温まる世界に魅了されました。原作・台本ともにほろっと泣けてくる作品だったので、森山くんを演じるのが楽しみで仕方がありませんでした!
演じた森山君は、好きなものを見つけるとそこに真っ直ぐ突っ走るエネルギーと、それによって周りが見えなくなる部分を持ち合わせている元気な青年になっています!そんな青年だからこそ、無垢なパワーに神田先生も他のみんなも悩みが吹っ飛んで背中を押されて頑張れるのではないかと、森山くんをちょびっと羨ましく思いました。
神田先生と出会うシーンは要チェックです。神田先生がカッコイイ!となったのは、人一倍感受性が豊かな彼にとって言葉に表すことのできない爆発的な感動だったのではないでしょうか。逃したくない!この人から影響を受けたい!!と本能でいつも動いている森山くんが素敵に映っていたら嬉しいです。
また、音楽教室のギターの先生役なので、ピックは何を使っているのか、ベルトは何を使っているのか、作曲をしている時の姿勢や書き方、楽曲の内容がロックなのかポップスなのか、それによって服装も変わってくるし、あらゆる身に付けるものに関わってくる。ギターリストとしての役作りはいろんなことを心がけました。親指と人差し指の爪は伸ばしたり、森山くんらしい音楽の匂いを構築していきました。

現場では、長い待機時間に癒しをと、平山さんがみんなにカフェで飲みものを買ってきてくださった優しさが嬉しくて印象に残っています。そのおかげでリラックスして撮影に挑めました。ふくまるの声役の神木隆之介さんとは、撮影現場では会えない役柄でしたが、初めて同じ作品で共演するので、出来上がりのりゅうさんのふくまるを楽しみにしています!

大人気のこの作品がついにドラマ化されます!非常に豪華な面々、そしてドラマだからこその、音楽が乗った『おじさまと猫』となっています。この作品のために作られた曲はとてもお気に入りで、撮影を終えた今も、ギターを鳴らしながら家で歌っています。フフッと笑えたり、ほろっと涙を誘われたり、とても温かなドラマになっているので、ぜひご覧いただき、癒されてほしいです!

キャストトップへ戻る

ページトップに戻る

おすすめドラマサイト