スタッフ・キャスト ストーリー 相関図 掲示板 インタビュー 三平図鑑 トップページ
 

今回演じたのはどんな人物ですか?

名人・三代目金馬師匠。

もう私にとって教科書のような人物で、その方を私が?なぜ?どうして?

話があった時、頭を剃るのか?と思いました。

どのような思いで演じました?
厳格な芸ゆえにとても優しい方だっただろうと、その点を盛り込む事が難しかったです。
今回(林家一門以外で)唯一の落語家だそうで…。落語家が落語家を演じる不思議な感じ。それも実在の名人。
正直なところ、訳が分からないうちに終わった感じです。
ドラマでの演技は初めてなんですよね?
よりによって三代目金馬師匠という、イメージが完全に固定している方ですしね・・・。髪型も違うし、声もしゃべり方も違うし、どうしたらいいんだっていう戸惑いがありましたけど、スタッフの皆さんが「とにかく、このままでいい」って言うんで、このまんまでやりました。
昭和の爆笑王『林家三平』のイメージは?
芸人としても、その前に人間として素晴らしい方だったのだろうと思っています。
山口さん演じる林家三平は?
私が初めて三平師匠のそばにいった時に思った、ハッと明るくなる感じは、すごく達也君も持ってるし、ベストなキャスティングじゃないでしょうか。
三平師匠の思い出は?
明治大学の落語研究会にいたんですけど、3年生のときに学園祭に三平師匠をお呼びしたんですよ。客は500人くらいの学生が中心。本当は20分くらいの予定だったんですけど、50分くらい立ったまま、舞台から会場までかけずり回った三平師匠のライブを目にした時は、スゴイ方だなこの方はと…。途中で入ってきた外国人のお客さんとコミュニケーションしてたのは印象的でした。適当な英語のようなもので(笑)。会場が割れんばかりの興奮に包まれたのを見ましたね。あれはすごかったですよ。
撮影中に印象に残っていることはありますか?
達也君と怜ちゃんの撮影合間のノリノリの会話から「よーいスタート」で役に切り替わる瞬間がいつも楽しみでした。
一番の見どころ・おすすめのポイントはドコですか?
達也君は実にカッコイイ!
怜ちゃんは本当にカワイイ!
風貌が似ても似つかぬ私の金馬師匠。
視聴者の皆さんにメッセージを!
役者さん達全員が、おそらく実在の人物だった点で苦心しながらの・・・・・・ユニークな演技をお楽しみください。
そしてドラマの後、CDやDVDで実在した各演者を聴いてみて下さい。