土曜スペシャル

放送リストに戻る

ご意見・ご感想

トップに戻る
放送内容
2008年3月29日 一度は乗りたい!
豪華乗りもので春の絶景めぐり旅
新宿~伊豆高原

豪華バスで行く! 豪華!春の伊豆めぐり

リポーター: 波乃久里子&前田美波里

豪華バス「ロイヤルクルーザー四季の華」に乗って、ゴージャスな春の伊豆めぐりの旅に出かけるのは、波乃久里子と前田美波里。バスはオリエント急行をモデルにして作られ、落ち着いた気品あるデザインでまとめられている。車内はゆとりあるシートでレッグレストや足置きがあり、まるで飛行機のファーストクラスのよう。特にトイレは洗面化粧台までついて高級感にあふれている。
新宿を出発し優雅なバスの旅をすること3時間、伊豆高原に到着。森に佇む風情ある料理茶屋「花吹雪」で、春らしい桜にちなんだ伊豆の山海の和食膳をいただく。そして再びバスに乗り今宵の宿「きらの里」へ。里山の原風景ともいうべき趣のある宿で、2人はさっそく露天風呂に浸かり贅沢三昧。そして部屋でゆっくりしてから夕食をとりに食事処へ。伊豆ならではの美味しい料理の数々に大満足。翌日は一碧湖を散策し、昼食に「一碧湖ホテル」でフレンチをいただく。そして韮山の「江間イチゴ狩りセンター」でイチゴ狩りを満喫。女性2人の豪華バスで行く旅は、贅沢三昧で大満足の旅だった。


お問い合わせへ

京都~長崎
さよならブルートレイン 感動の800キロを行く!

リポーター: 石丸謙二郎
3月15日のダイヤ改正により寝台特急「なは・あかつき」が廃止されると聞き、最後にその魅力を堪能しようとブルートレインに乗車するのは石丸謙二郎。弁当を買い込み京都駅のホームへ行くと、列車の廃止を惜しむ人たちが「なは・あかつき」の入線を待っている。そして列車が到着すると、一斉にカメラで「なは・あかつき」の撮影が始まる。「なは・あかつき」は、京都を出発し熊本まで行く「なは」と、長崎まで行く「あかつき」が連結していて、今回石丸は「あかつき」で長崎までの約800キロを寝台に乗って旅をする。車内をひと通り見学、車掌や乗客たちと「あかつき」の思い出話しをしたり、機関車交代作業や「なは・あかつき」の引き離し作業を見学したりし、最後の勇姿を目に焼き付ける。
そして朝8時55分、終点長崎駅に到着。せっかく長崎まで来たので、長崎市内を観光することに。駅前の「岩崎本舗」で熱々の長崎角煮まんじゅうを購入し軽く腹ごしらえしたら、駅前から送迎バスに乗り、稲佐山の中腹に建つ「天然温泉イオス」へ。素晴らしい展望の大浴場から長崎の絶景を見下ろし、列車旅で疲れた身体を癒やす。さらに散策していると路面電車が埋め込まれたレストランを発見。「きっちんせいじ」で長崎名物のトルコライスをいただき、異国情緒あふれる長崎の味を堪能する。また風頭山で長崎凧をあげている人々に出会い、一緒に凧揚げをさせてもらう。寝台特急「なは・あかつき」の記憶に残る良い旅となった。

お問い合わせへ

名古屋~横浜
憧れの豪華客船で行く 「飛鳥II」夢のクルーズ

リポーター: 池上季実子&芦川よしみ
豪華客船クルーズ「飛鳥II」に乗って名古屋港から横浜港まで、週末のワンナイトクルーズを楽しむのは芦川よしみと池上季実子。船に乗り込んだ2人は早速船内を散策し、船旅を満喫できる充実した施設を見て回る。そして午後5時、「飛鳥II」は名古屋港を出港。ウェルカムセレモニーが行われ、スパークリングワインが振舞われたり、テープ投げをするなど船旅情緒を満喫。その後、デッキに出て夕日を眺めたりと楽しむ。お待ちかねの夕食は、ドレスアップしてフレンチをセレブ気分でいただく。食後も船内にはお楽しみが沢山用意されていて、2人は社交ダンスをしたり、ラウンジでお酒を飲んだりして優雅なひと時を過ごす。
翌朝、芦川さんは海を眺めながら入れる展望風呂に。外のテラスで朝食をとりながら海を眺めていると、そろそろ目的地の横浜へ…。午前10時、横浜港に入港し、贅沢な船旅を終える。その後、2人は横浜を散策することに。元町で青春時代に流行ったハマトラの店でショッピングをしたり、山手の外人墓地の近くの西洋館「えの木てい」でアフタヌーンティーをいただき、最後まで優雅で楽しい旅を満喫した。

お問い合わせへ

東京~姫路~大阪

寝台特急で行く 豪華飛行船の旅!

リポーター: 名高達男&国広富之
寝台特急で姫路まで行き、その後大阪で優雅に空の旅をするため東京駅にやって来たのは、名高達男と国広富之。2人が予約したのは寝台特急「サンライズ出雲」のデラックス個室。今人気の豪華個室で、テレビや洗面台、アメニティグッズなどが揃い、寝台列車とは思えない快適さ。午後10時、東京駅を出発。木のぬくもりを生かしたインテリアで統一された車内を散策、シャワー室や他の客室を見学する。そして2人は東京駅で買ってきた駅弁「豪華懐石弁当」を先ほど見つけたミニサロンで味わい、思い出話に花が咲く。
翌朝5時25分、姫路駅に到着。朝日の絶景ポイント「手柄山中央公園」へ。姫路の街並みと朝日を拝みしばし感動。姫路のシンボル「姫路城」へ向かう。ガイドに城内を案内してもらい、そして「鶴見寿し」で姫路名物、穴子を使ったお寿司料理を堪能と、し、姫路観光を満喫する。続いて今回の旅のもうひとつの目的、飛行船に乗るため大阪へ移動。世界最大の飛行船「ツェッペリンNT」号で大阪の名所を遊覧する。飛行船に乗るのも、大阪の名所をこのように空から見るのも初めてで、2人は大感激。およそ1時間のクルーズを終え、男2人の豪華乗り物を楽しむ旅は終わる。

お問い合わせへ

東京~箱根

豪華はとバスで行く! 春の箱根 日帰り旅

リポーター: 酒井ゆきえ&母
はとバスの最上級バス「フォルテシモ」に乗って箱根へ日帰り旅に出かけるのは、酒井ゆきえと母・嘉子さん。浜松町を出発し箱根まで、ゆったりとした大型シートに包まれ、おしぼりやコーヒーなど様々なサービスを受け快適な時間を過ごす。
最初の目的地「箱根ガラスの森」では、ヴェネチアをイメージして作られた美術館を散策したり、カフェでカンツォーネの生演奏を聴く聞くなどする。そしてお目当ての昼食と温泉がある「ザ・プリンス箱根」に到着。まずは日本料理「なだ万離宮」で本格的な懐石料理をいただく。地元の新鮮な食材にこだわった絶品料理に舌鼓をうつ。食後は館内の温泉も楽しめるのだが、今回のツアー限定で系列の「龍宮殿」の風呂にも入れるというのでそちらに向かう。名湯に浸かり富士山と芦ノ湖の絶景を堪能する。続いて「御殿場プレミアム・アウトレット」へ。お得な買い物が出来て大満足。最後に東京まで豪華なバスに乗って帰り、ゆったりと優雅な日帰り旅を楽しんだ二人だった。

お問い合わせへ

お問い合わせリスト