土曜スペシャル

放送リストに戻る

ご意見・ご感想

トップに戻る


放送内容
2009年1月10日 列島縦断!
ローカル線 湯めぐり紀行
枕崎駅~鳥取駅 :

リポーター:勝野洋&左とん平
日本最南端駅、鹿児島県枕崎駅を暗いうちに出発、指宿枕崎線に乗り込み指宿を目指す。指宿で薩摩藩の紋所の入った殿様湯で記念すべき一つ目の温泉へ。
続いて、坂本龍馬が新婚旅行で訪れたという霧島温泉に入る。吉松駅で展示されているSLを見て童心に帰る2人。人吉温泉を経て吉尾温泉で一泊する。
2日目、肥薩線で八代に出たあと熊本を経て阿蘇へ向かう。阿蘇駅で近くの坊中温泉に入浴。続いて、大分県の豊後竹田駅で竹田温泉に入ったあと、由布院の駅にある足湯を楽しむ。日田温泉「みくまホテル」に宿泊し、翌日、良い温泉があると言う情報を聞き、田川伊田駅から平成筑豊鉄道に乗車。「源じいの森温泉」の露天風呂につかる。行橋から日豊本線に乗り下関へ。いよいよ本州に入る。島根県では小京都津和野に下車し、津和野温泉「わたや」に宿泊。最終日、津和野温泉、皆生温泉を制覇し、鳥取駅に到着。

お問い合わせへ

鳥取駅~仙台駅:

リポーター:芦川よしみ&藤吉久美子
鳥取駅から山陰本線に乗車。新温泉町と名前を変えた町のある浜坂で下車し、駅前の足湯で、第一湯目。さらに先へ進み、名湯城崎温泉駅で乗り換え、わずかな時間を利用し駅前の足湯へ入り旬の味覚カニを購入。豊岡駅で北近畿タンゴ鉄道に乗り換え、日本海沿いを進む。途中、車中から日本三景の天橋立を望む。丹後由良駅で下車し、日本海が見える露天風呂に入る。今宵の宿は琵琶湖近くと決め、湖西線の大津京駅で下車、「旅亭 紅葉」に泊まる。翌日、琵琶湖の向こうから昇る日の出を見る。湖西線に再び乗り込み、近江高島駅で下車。琵琶湖沿いの「宝船温泉」に入ったあと琵琶湖畔を散策。乗り換え駅の近江塩津駅では構内にある「ちょっと一福」で、地元の主婦たちが作ったうどんを頂き、主婦たちとふれあう。米原、岐阜を経由して下呂駅下車、下呂温泉「小川屋」に泊まる。
3日目、高山線で高山へ行き、日帰り湯「臥龍温泉 ひまわり」へ。高山の街を散策。
その後、富山を経て魚津へ向かう。車中で立山連峰を見る。魚津「金太郎温泉」に入ったあと、直江津を経て宮内へ。「蓬平温泉 和泉屋」に宿泊。
最終日、坂町から米坂線に。羽前椿で下車、「がまの湯温泉 いいで旅館」に入浴。近くの主婦たちが営む、地元の野菜で作る農家レストラン「エルベ」でイタリアンの昼食を楽しむ。米沢、山形を経由し作並温泉へ。そして仙台に到着する。

お問い合わせへ

仙台駅~稚内駅:

リポーター:定岡正二&森末慎二
仙台から、東北線で北を目指す。北上駅で下車、「千貫石温泉 東館」の露天に入る。盛岡を経て湯瀬温泉へ。「湯瀬温泉ホテル」で温泉に入ったあと、2人は併設されたボウリング場で勝負する。大館を経て碇ヶ関へ向かい、碇ヶ関温泉「関の湯」に宿泊。翌日、青森を経由して北海道へ。玄関口函館で温泉探し。
地元の人でにぎわう「湯の川温泉」に入ったあと市場で昼食を取る。
函館本線・森駅で、乗り換え時間を利用し「にごり川温泉」に入る。長万部を経由、小樽築港で下車し、朝里川温泉「マリンヒルホテル」に宿泊する。翌日、さらに函館本線で美唄へ。「ピパ湯 りん館」に入浴。その後、滝川で「滝川ふれあいの里」の温泉に入る。途中、滝川駅で名物ジンギスカン鍋の昼食を取る。
名寄経由で天塩川温泉に泊まる。最終日、宗谷本線で天塩中川駅の「ぽんぴら温泉」へ。豊富駅近くの「町営ふれあいセンター」の温泉と次々制覇。暗くなってから稚内に到着。
翌日、オホーツク海を眺めながら稚内温泉に入浴する。

お問い合わせへ

お問い合わせリスト