地獄の伊東キャンプ長嶋監督に復讐事件|中畑清の人生回顧シリーズ<キヨシの超本音解説>

野球

2020.8.15



中畑清の運命を変えた野球人生最大の出来事が1979年の秋に行われた地獄の伊東キャンプ。この年5位と低迷し、世代交代の必要性を痛感した長嶋監督はシーズンオフに若手18名を指名し、立教大時代のキャンプ地である静岡県・伊東でキャンプを行うことを決めた。

これは実質プロ野球史上初めての秋季キャンプとなる。メンバーは中畑清をはじめ、江川卓、西本聖、鹿取義隆、角三男、山倉和博、篠塚利夫、松本匡史など平均年齢23,7歳の若手選手達。

「思い出したくもない」と語るほど過酷なキャンプを過ごしたメンバーは後に訪れる巨人黄金期の主要メンバーに成長することになるが、あまりの練習の厳しさにメンバー達はキャンプ最終日に長嶋監督への復讐を計画する。

マスコミがいない場所で行われ、今まで語られる事のなかったその復讐事件の真相を中畑清が45年の封印をといて初告白する。

【テレビ東京スポーツ】
卓球、ソフトボール、競馬、野球、サッカー などメジャー・マイナー競技のスポーツ情報を発信。テレビ東京 独自の取材、現役選手・監督の貴重なインタビューなども随時掲載。

▼チャンネル登録よろしくお願いします▼
https://www.youtube.com/tvtokyo_sports