中畑清 突然の号泣!加藤事件の裏側「思い出す度に涙する40年前の言葉」

野球

2020.9.3



野球人生で最も泣いた時はいつですか?その質問に対して中畑清が出した答えはある人物とのエピソードだった。

その人物とは中畑清が監督を目指すきっかけを与えてくれた人。その人のようになりたくて、その人に授けられたものを野球界に残したくて監督を目指した。

中畑がそこまで惚れた理由。

それは1989年、現役最後のシーズンの現役最後の試合。「ロッテより弱い事件」で巨人が奮起し3連敗から4連勝を果たし日本一になったシリーズ。その歴史的な戦いで今でも中畑を涙させ、中畑の人生を変えた言葉が生まれた。

先週アップした加藤事件の裏側には、それをも凌駕する中畑にとって忘れられない出来事が隠されていた。

vlcsnap-2020-09-03-12h25m15s644.jpg