【ジャパンC】誰もが楽しんだ最高のパーティー 日本競馬史上最高の一戦は美しすぎるほどの結果に

その他

2020.11.29

aflo_149059630.jpg
アーモンドアイが引退レースでGI9勝目 写真:日刊スポーツ/アフロ

日本競馬史上最高の一戦は、美しすぎるほどの結果に

3頭の三冠馬が一堂に会する一戦となったジャパンC。関係者はもちろん、マスコミもファンも指折り数えてレース当日を待っていたが、もしかしたら、この日を一番待ち望んでいたのはアーモンドアイだったのかもしれない。

 2年前に牝馬三冠を達成し、ジャパンCを世界レコードで圧勝した彼女ももう5歳。毎年のようにGIタイトルを積み重ね、前走の天皇賞(秋)を制して芝レースでは史上最多となる8勝に到達。そんな稀代の名牝が引退レースに選んだのがこのジャパンC。

それだけに誰もが名残惜しそうにパドックで彼女を眺めていたが......当のアーモンドアイは、そんな感傷に浸っている様子はゼロ。その美しい瞳はいつものようにただ前だけを見つめていた。

 GI史上最多勝のプレッシャーから解放されたのを知ってか知らずか、この日のアーモンドアイはどこか楽しそうな様子に映った。この馬にしては珍しく本場馬入場も一番乗り。

その姿は「ねぇ!早く走ろうよ!!」と言わんばかりに。コントレイルやデアリングタクトがある程度、緊張しながらパドックを周回し、返し馬をこなすとは対照的に、どこかリラックスしているような雰囲気さえ感じられた。

 今思えば、この時点で勝負はついていたのかもしれない。

 実際、アーモンドアイはレース運びも完璧だった。ゲート入り後にガチャガチャとしていた2頭の三冠馬とは違い、ゲートが開くとともに一番に飛び出した。逃げるはずだった隣枠にいた同厩の後輩、カレンブーケドールが控えざるを得ないほどのトップスタートを切り、いつものように好位に付けた。

 抜群のスタートを切ったアーモンドアイを振り切ってハナに立ったのがキセキ。その姿は世界レコード決着となった2年前とほぼ同じ。キセキとともにハナを争ったヨシオとトーラスジェミニはこのスピードについて行けずに控えたため、結果的に道中はキセキのひとり旅に。

400m過ぎからペースを緩めることなく逃げたことで、最初の1000mの通貨タイムは57秒9。2年前と比べても2秒も速いものだった。

 3コーナーを過ぎても、キセキのひとり旅は続き、2番手の差は10馬身以上。そして4コーナーを回って直線に入ってもその差は変わらないまま。もしかすると大波乱の展開になるのでは......と肝を冷やした競馬ファンも多かったことだろう。だが、アーモンドアイと鞍上のクリストフ・ルメールは違った。

 最後の直線、アーモンドアイは外へと進路を取った。一足早くスパートを掛けたコントレイルが迫ってきたが、アーモンドアイはまだ動かない。前のキセキが粘り、後ろからは迫られているのに、である。

アーモンドアイが動いたのは残り300mに差し掛かったところだった。ルメールの左鞭が一発入ると一瞬でトップギアに入り、隣にいたグローリーヴェイズを置き去りに。気が付けば前を行くキセキを捕らえて先頭に立った。

そこから最後の150m、アーモンドアイは2頭の三冠馬に対して「さあ、来い!」と言わんばかりの構えを見せた。外から伸びるコントレイルと馬群を縫ってきたデアリングタクトの猛追をまるで楽しんでいるかのようにアーモンドアイは走り、ジャパンCのゴールを迎えた。2頭の三冠馬に初めて土をつけ、自身の持つGI最多勝利の記録を9に伸ばした。

aflo_149059641_.jpg
ジャパンCを制したアーモンドアイに口づけするルメール騎手 写真:日刊スポーツ/アフロ

 気持ちいいくらいに自分のレースに徹して2頭の後輩三冠馬に勝ち、笑顔でターフを去る――ここまで美しい引退レース、他にないだろう。

 もしかすると今年のジャパンCはレースではなく、勝利騎手インタビューでルメールが語っていた通り「サヨナラパーティー」だったのかもしれない。アーモンドアイの完璧すぎるラストランを見れば見るほど、そう思えてならない。

■文/秋山玲路


■ジャパンカップ全着順

2020年11月29日(日)5回東京9日 発走時刻:15時40分
第40回 ジャパンカップ(GI)

着順 馬名(性齢 騎手)単勝人気
1着 アーモンドアイ(牝5 C.ルメール)1
2着 コントレイル(牡3 福永祐一)2
3着 デアリングタクト(牝3 松山弘平)3
4着 カレンブーケドール(牝4 津村明秀)5
5着 グローリーヴェイズ(牡5 川田将雅)4
6着 ワールドプレミア(牡4 武豊)7
7着 ミッキースワロー(牡6 戸崎圭太)10
8着 キセキ(牡6 浜中俊)6
9着 マカヒキ(牡7 三浦皇成)11
10着 ウェイトゥパリス(牡7 M.デムーロ)9
11着 パフォーマプロミス(牡8 岩田望来)12
12着 ユーキャンスマイル(牡5 岩田康誠)8
13着 クレッシェンドラヴ(牡6 内田博幸)14
14着 トーラスジェミニ(牡4 田辺裕信)15
15着 ヨシオ(牡7 勝浦正樹)13

※出馬表・結果・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。


■アーモンドアイ 競走成績

年 レース名 着順 1着馬(2着馬)
2020 ジャパンカップ(GI)1着(コントレイル )
2020 天皇賞・秋(GI)1着(フィエールマン)
2020 安田記念(GI)2着(グランアレグリア)
2020 ヴィクトリア(GI)1着(サウンドキアラ)
2019 有馬記念(GI)9着 リスグラシュー
2019 天皇賞・秋(GI)1着(ダノンプレミアム)
2019 安田記念(GI)3着 インディチャンプ
2019ドバイターフ(G1)1着(ヴィブロス)
2018 ジャパンC(GI)1着(キセキ)
2018 秋華賞(GI)1着(ミッキーチャーム)
2018 オークス(GI)1着(リリーノーブル)
2018 桜花賞(GI)1着(ラッキーライラック)
2018 シンザン記念(GIII)1着(ツヅミモン)
2017 2歳未勝利 1着(コスモフェリーク)
2017 2歳新馬 2着 ニシノウララ