桃田賢斗「去年の出だしは苦しかった...」五輪イヤーの所信表明!

その他

2021.1.5



交通事故で骨折という悲劇から始まった桃田賢斗(26)の2020年。それでも、実戦復帰となった12月末の全日本選手権では、圧倒的強さで優勝を果たし、五輪イヤーへの弾みを付けた。

東京五輪で悲願の金メダル獲得を目指す桃田に1日、インタビューを行い五輪への意気込みを聞いた。

<2021年1月1日インタビュー収録>

キャプチャ.JPG

桃田賢斗コメント

ー2020年を振り返って


出だしは苦しかったというかしんどかったですね。

ー全日本選手権 優勝の瞬間は

色々な方に支えてもらったなという気持ちとコツコツ頑張ってきたことが間違いではなかった、方向性が間違っていなかったことを再確認できました。

ー東京五輪に向けて意気込みを

東日本大震災から10年という時間が経って震災を経験した自分が東京五輪に出られるのは何かの縁というか。自分の頑張りで伝えられることはたくさんあると思うので、そういった気持ちも全部背負って支えてもらった人への感謝の気持ちをコートの中で表現したいなと思います。それでもしっかり結果にこだわって金メダルを目指して頑張っていきたいです。