元巨人 宮國椋丞のブルペン投球を中畑清が監督目線で本音解説

野球

2021.1.30


先週から公開している元巨人宮國椋丞投手の自主トレブルペン投球。「キャンプでテストに呼ばれる事を信じて」と自主トレに臨む宮國投手の姿は昨年の10月に痛めた故障からの完全復活を確信させるものでした。

前回公開した動画にはたくさんの宮國投手への激励のコメントをいただき「まだまだできる」など宮國投手の復活を期待する暖かい声も多数寄せられました。

そこで「このブルペン投球をプロの目線で見るとどう映るのか」という事を確かめる為に中畑清さんに監督目線で解説をお願いしました。

「動画の内容の為にわざと褒めることはしない」という条件で撮影を始めた為、もし厳しい声しか出なかったら動画を展開できるかとスタッフとしては不安の中でスタートしました。

しかし、その心配が杞憂に終わった事を確信したのはブルペン投球の1球目を中畑さんが見た瞬間でした。野球に対して真正面から向き合う中畑さんはこの動画でも自分の信念に基づいて思った事、感じた事をそのまま言葉で表現します。

最終的に「俺が保証人になってもいい」とまで口にした中畑さんがブルペン投球を見るにつれて宮國投手の変貌ぶりに心を踊らせていくその言葉と表情の変化を見ていただければ今の宮國投手の状態が分かるはずです。