【川崎フロンターレ】田中碧インタビュー「1m、1歩の世界を教わり、サッカー観が変わるきっかけになった」

サッカー

2021.2.26

田中碧 全然ではない.jpg

川崎フロンターレの沖縄キャンプを取材した番組アナリストの福田正博が、東京五輪代表候補でもあるMF・田中碧を直撃した。

フロンターレのリーグ制覇に大きく貢献、東京五輪代表候補でもある田中碧。昨季は従来のポジションのボランチではなく、一つ前でのプレーも増えた。「ゴール前に入ることだったり、わりとマッチしたと思う。ゴールを獲ることもできた」と、より攻撃的なポジションには納得している様子。「それでも個人としては納得していない部分もありました。出られない試合もあったし、もっとできるんじゃないかと思ってます」

レジェンド・中村憲剛が引退した。「もう一緒にサッカーはできないけれど、すべてが財産。サッカー的なことで言えば、立ち位置というものを教わった。1m、一歩の世界。それを教えてもらって、サッカー観が変わりました」

今年は東京五輪の代表入りも期待されるが、「一番はA代表に(目標を)置いてます。すでに自分より年下の選手も代表で活躍していますが、僕にまだその力はない。Jリーグでしっかり力をつけられればチャンスはあると思っています」

今年の目標は?「リーグ連覇です。一昨年3連覇のチャンスを逃した。そのためにはまた連覇からです。そしてACLで勝ちたい。フロンターレのサッカーでアジアで勝ちたいです」開幕からまた強いフロンターレが見られることを期待しよう。

Q. 開幕近いですが、コンディションはどう?

キャンプに入ってたくさんトレーニングができていますし、新しい選手も入って新しいこともやりながら、少しずつチームが良い感じに出来上がってきていますし、個人としてもコンディションは上がっています。

Q. 新しいことってどんなこと?

そうですね。詳しくは言えないです。でも、選手が変わって守田君や憲剛さんがいなくなった中での違う選手との融合という意味で、色々な選手が色々なポジションをやることがありますしまた去年とは違ったフロンターレの形になるんじゃないかなと感じています。

Q. 昨年よりも田中選手への期待が大きくなると思うけど、どう捉えている?

昨シーズンああやって良い形で優勝ができて、それを知っている選手として自分の存在感はより出していかなければいけないし、昨シーズン以上にチームや中盤の選手での主導権争いで自分が引っ張っていかないといけないと思っています。

田中碧 主導権.jpg

Q. 昨シーズンの自分での評価は?

個人としてはそんなに納得のいっているシーズンではなかったですし、結果として優勝はできましたけど僕自身は試合に出れる時もあれば出られない時もありました。納得のいくプレーができたゲームは全然なかったので、そういう意味で結果以上に満足出来ていない自分がいますし、もっともっとやれるんじゃないかと期待する自分もいます。やらなきゃいけないということもより感じられました。

Q. 中村憲剛選手が今年期待している選手に三笘選手と田中碧選手を挙げたけど、どう感じている?

素直に嬉しいですし、憲剛さんと一緒にプレーして色々なものを感じさせてもらい教えてもらってここまで自分が来られたと思っているので、憲剛さんと一緒にもうサッカーはできないですが、今度は自分の力でより成長した姿を憲剛さんに見せたいという思いはありますね。

Q. 中村憲剛選手から一番影響を受けとことは?

サッカーのこともですが、人間的な部分も色々教えてもらえたのでどれがってものがなく、全てが自分にとっては財産でした。

ただ、一番サッカー的なことで概念が変わったのは、自分が試合に出始めて一緒にプレーする機会が増えた時に、立ち位置のことに関して「ここに立ってほしい」とか自分もこだわってきたつもりだったんですが、1m、1歩の世界でもっと自分が楽にプレーできることを教えてもらって、これは自分のサッカー観が変わるきっかけになりました。自分じゃ考えられないくらいに成長できたので、一緒に過ごせたことは本当に貴重な経験でした。

Q. オリンピックや日本代表に対しての思いはある?

僕自身一番の目標はA代表に置いているので、自分と同い年や年下の選手が活躍しているのを見て感じるものもありますし、ただそこのステージに行けるかと言われると自分にはまだその力はないと思います。Jリーグの舞台で力を付ければチャンスはあると思っていて、このチームでしっかり結果を残すことが一番のアピールになると思うので、自分ができる限りのことを出来ればいいかなと思っています。

Q. 何をレベルアップしたら、そこに到達できると思う?

僕は攻撃も守備も両方出来ることが特徴な分、全ての能力をもう一段階、二段階上げることで日本を代表する選手になれるんじゃないかなと感じています。全てにおいてレベルアップすることが自分の成長にも繋がるし、より高いレベルでプレー出来るチャンスにも繋がると思っています。

Q. 俺が解説した試合で、膝の靭帯を2回くらいやったんじゃないかというシーンがあったんだけど、あれは何で大丈夫だったの?あの膝のいき方は普通アウトだよ?

鳥栖戦ですかね。僕も一発目でアウトだと思いました(笑)。今もまだ全然痛いですし、シーズン中は最後の天皇杯まで満身創痍ではないですけど、それなりに痛い中でやってはいましたね。僕が後から映像配信を見ている時に、福田さんがめちゃめちゃ絶叫していたので(笑)。自分でも映像で見ると結構エグいなと感じました。

膝は柔らかいですね。練習中とかでも時々「危ないな」って感じることがあるんですけど、何もなく出来たりします。あとは痛みに強いっていうのがあると思います。

Q. 昨シーズン、攻撃参加は意識してやっていたの?

得点を取る作業によりフォーカスしていたシーズンではありましたし、ポジションも一つ前になったのでより結果も求められる部分はあったと思います。自分がゴール前に入っていくことやミドルの位置からゴールを決めることは、自分にとってもチームにとっても必要なことだったのでそこが上手くマッチしたと思います。少なかったですけど点を取ることは出来たので、自分の中では昨シーズンの良かったところだと思っていますね。

Q. 今シーズンの目標は?

まずはJリーグ連覇が一番大事だと思っています。三連覇するチャンスが一昨年あった中で出来なかったので、今年は連覇して三連覇のチャンスを自分たちで掴み取りたいです。ACLの舞台で勝ちたいという思いはみんな持っているので、アジアの舞台でフロンターレのサッカーが通用するところを見せつけたい。ルヴァンや天皇杯も獲りたいですけど、まずはJリーグとACLがすぐ始まるので2つのタイトルを獲れるように全員でやれればいいかなと思います。