打率1割台 レイズ・筒香戦力外 中畑清が愛弟子に伝えたい「今が1番大事な時」

野球

2021.5.12



レイズは現地時間の11日、筒香嘉智選手(29)を40人枠から外し事実上の戦力外とした。

今季まで総額約13億円の2年契約を結んでいた筒香選手だったが昨季、打率1割台に。本塁打も一桁と苦しむと今季もここまで打率1割6分7厘、本塁打なしと低迷。シーズン序盤での非常な宣告となった。

今後はウェーバーにかけられ獲得する球団が現れるのを待ち、現れなかった場合は筒香選手自身がFAかマイナー降格かを選択できる。ウェーバーを介して獲得となれば、その球団は今季年俸約7億6300万の内、シーズン残り分の約6億円を負担しなければならない為、獲得球団が現れるのは現実的ではない状況。そうなればマイナー残留かFAとなる。

このような状況を理解した上で、DeNA時代から師弟関係にある中畑清は愛弟子の今後について「たった1つ貫いて欲しい」ことがあると話す。なぜなら筒香の野球人生にとってここから、今季終了までの約半年が最も大事な時期になる可能性があると感じるから。

果たしてその理由はどこにあるのか...

そして毎年シーズン前とオフに筒香と会い、思いを伝え、聞いている中畑が筒香の言葉から汲み取ったその決意と覚悟とは...