大橋悠依が金メダル!「まだ夢みたい」 競泳女子史上初の二冠達成!200m個人メドレー【五輪競泳】

その他

2021.7.28

GettyImages-1331014133.jpg
大橋悠依 Photo by Clive Rose/Getty Images

 東京オリンピック・競泳 女子200メートル 個人メドレー決勝が28日に東京アクアティクスセンターで行なわれ、大橋悠依(25=イトマン東進)が2分8秒52で優勝。

400メートル個人メドレーに続いて金メダルを獲得。競泳女子としては史上初の二冠達成の快挙を果たした。

レース後のインタビューで大橋は「なんとか、踏ん張れてよかったです。女子二冠は初なのでうれしいです。勝っても負けても後悔のないように泳ごうと思っていました。本当にまだ夢みたいです。ありがとうございました」と笑顔でコメントした。