【フォア賞】ディープボンドが凱旋門賞前哨戦を逃げ切りV

その他

2021.9.13

8dd04e0fe7417c37cb77db350399d0059c9190d2.jpg
ディープボンド 写真:東京スポーツ/アフロ

 凱旋門賞前哨戦のフォワ賞(G2・4歳以上 2,400メートル 芝・右)が12日、フランスのパリロンシャン競馬場で行われ、日本から参戦した C.デムーロ騎手騎乗のディープボンドが(牡4 青鹿毛 栗東 父キズナ)序盤から先頭に立つと、スローペースの中 最後まで脚色は衰えず先頭でゴール。

最後の直線でサンクルー大賞(G1)の勝ち馬ブルーム(アイルランド・騎乗=L.デットーリ騎手)に詰め寄られるも、二の脚を使って突き放し1馬身半差をつけて逃げ切り勝ちを収めた。勝ちタイムは2分31秒82(良)。

日本馬によるフォワ賞の勝利はエルコンドルパサー(1999年)、オルフェーヴル(2012、13年)に次いで4度目。この2頭は本番の凱旋門賞でも2着に入っている。同馬の父キズナは凱旋門賞(2013年)でも4着に入線している。