サッカー日本代表 久保建英が最終予選メンバーに復帰

サッカー

2022.1.23

GettyImages-1364790116.jpg
久保建英 Photo by Cristian Trujillo/Quality Sport Images/Getty Images

 日本サッカー協会は1月22日(土)、来週再開する2022年ワールドカップ(W杯)最終予選で中国(27日)、サウジアラビア(2月1日)と対戦するホーム2連戦へ向けた日本代表メンバーを発表。

MF久保建英選手(マジョルカ)が昨年9月以来の復帰。セルティックのデビュー戦でゴールを決めたFW前田大然選手もメンバー入りした。

 今回の中国、サウジアラビアとの2試合を含めてアジア最終予選の戦いはあと4試合を残すのみ。現在、B組で予選突破ラインの2位につける日本にとって、今回の国内2連戦は出場権獲得の足場を固める重要な試合になる。

 招集したのは23人。

怪我から復帰した久保選手、スコットランドのセルティックに移籍後デビュー戦でゴールを決めた前田選手をはじめ、11月のベトナム、オマーンとのアウェイ2連戦で連続ゴールを挙げた伊東純也選手(ヘンク)、先日のプレミアリーグでバースデーゴールをマークした南野拓実選手(リバプール)などが選ばれた。

12月半ばの負傷で年末のプレミアリーグ1試合を欠場し、今月アーセナルの先発に復帰したDF冨安健洋選手も、MF田中碧選手(デュッセルドルフ)も昨年10月のデビュー以降、代表リストに名を連ねている。

 だが今回は故障者も多く、11月の予選メンバーからは、キャプテンのDF吉田麻也選手(サンプドリア)、MF三笘薫選手(サンジロワーズ)、FW古橋亨梧選手(セルティック)、DF室屋成選手(ハノーファー)らが外れた。

 1月17日からメンバー発表前日の21日までオフ明けの国内組のみで合宿を行い、狭いエリアで強度の高い中での対人練習などを連日行ってきたが、23人のメンバー入りしたのはFW大迫勇也選手(神戸)、DF酒井宏樹選手(浦和)、DF谷口彰悟選手(川崎)、DF山根視来選手(川崎)ら昨年11月にも招集された顔ぶれで、初招集はなかった。

 日本代表の森保一監督は、「海外組は今年に入って2~3試合をこなしている。試合勘という維持でのフィット感、コンディションはいい」と指摘。また、国内組についても「これまで継続して招集して、連携連動の面でよりスムーズにいく。昨日までのキャンプでコンディションも上がってきている」と説明した。

 11月のアウェイ2連戦を連勝で終えて4勝2敗の勝点12とし、B組2位に浮上した日本だが、入れ替わりに3位に後退したオーストラリアとの勝点差はわずかに1。

3月にはホームでのベトナム戦で最終戦を迎えるが、その前にアウェイでのオーストラリア戦も控えている。

今回の中国、サウジアラビアとの対戦は、昨年11月から約2カ月の空白を挟んでの活動となる。ブレイクを挟んでの活動では昨年9月の最終予選初戦でも苦労した。

その経験も踏まえて、2試合で最大勝点6を取りこぼすことなく獲得しようという狙いから、チームのやり方を理解したメンバーで固めたようだ。

「総合的に考えて、このメンバーが現段階でのベストと考えて選んだ」と森保監督は話している。

今回、主将としてチームをけん引してきた吉田選手が負傷で不在のため、新たに主将を選出することになるが、森保監督は「候補はたくさんいる。

これまでの活動を見た上で、活動が始まってから決めたい」と話し、選手一人ひとりに責任を自覚して行動することを求めている。

 戦力面では、昨年10月以来の復帰となったDF植田直通選手(ニーム)、DF谷口彰悟選手(川崎)、DF板倉滉選手(シャルケ)らが代役候補だろう。

24日からの練習で、各選手のコンディションやセンターバックを組む選手との相性を指揮官がチェックして決めることになる。

 日本は、中国とは昨年9月11日の最終予選第2戦で対戦し、コロナ禍の影響でカタール開催となった中国の"ホーム"戦で大迫選手の得点で1-0の勝利を収めた。

現在、中国は1勝2分3敗でB組5位。昨年12月に監督が交代し、元中国代表MFとして活躍し、現役引退後は古巣の山東魯能(現・山東泰山)を率いたリ・シャオペン監督が指揮を執る。

 FWエウケソン選手やFWアロイジオ選手などブラジル出身の帰化選手を擁している。ほとんどの選手が中国リーグのクラブを退団してブラジルに戻ったと報じられており、彼らの今回の帯同は不透明だが、彼らが揃えば日本にとっては面倒な存在になることは間違いにないだろう。

一方、サウジアラビアとは、日本は第3戦となった10月8日にジッダでアウェイ感の強い中で対戦し、0-1で敗れた。

その後も勝点を積み重ねているサウジアラビアは、現在5勝1分無敗で勝点16を集めて首位に立つ。2月1日の日本戦へは、1月27日にホームでオマーンと対戦後に乗り込んでくる。

監督交代で出方が不明な中国と、モロッコを2018年W杯出場に導いたエルベ・ルナール監督が率いるサウジアラビア。

森保監督は「我々がどう戦うかが大切」と話し、「代表チームの戦術へマインドの切り替えをしっかりして、攻守のコンセプトを整理し、一人ひとりがチームとして連携連動して戦っていけるようにしたい」と語る。

日本代表指揮官は、「W杯に出場するため、その先の目標をつかみ獲るため、中国戦とサウジアラビア戦は大事になる。トーナメントを戦う気持ちで、一試合一試合を戦いたい」と話している。

試合は中国戦が1月27日に、サウジアラビア戦が2月1日に、いずれも埼玉スタジアムにて行われる。


取材・文:木ノ原句望