アジア王者への戦いが開幕!初日は男子が登場【バスケ3x3アジア杯】

その他

2022.7.6

image (9).jpg
(c)FIBA3x3

<FIBA 3x3 バスケットボールアジアカップ2022 7月6日(水)~10日(日)@シンガポール>

バスケットボールの3×3 アジアナンバーワンを決める「アジアカップ」が6日、シンガポールで開幕。

初日に日本男子が登場。先月ベルギーで行われたワールドカップでは4戦全敗、予選敗退となった男子日本代表。東京五輪では6位となったが、この1年で世界の強豪にその差を広げられた。

パリ五輪まで約2年、オリンピックでのメダル獲得を目標に掲げる日本にとって、このアジアカップは、重要なリスタートとなる。

日本の落合知也は、「下を向いている時間はない。2点シュートをいかに増やすかがテーマ。」と、ワールドカップで初代表ながら好プレーをみせた佐土原遼らとともに、アジアカップ初優勝を狙う。日本男子は、今日、マレーシア、イラクと対戦する。

【男子予選ドロー】
()内は、最新のFIBAランキング 7月4日時点

A:日本(25)、イラク(93)、マレーシア(63)
B:台湾(28)、タイ(57)、ベトナム(82)
C:フィリピン(21)、インドネシア(65)、ヨルダン(109)
D:ニュージーランド(35)、サウジアラビア(61)、シリア(107)
E:インド(29)、トルクメニスタン(53)、パレスチナ(113)
F:イラン(40)、韓国(64)、クウェート(143)
G:カタール(31)、キルギス(56)、グアム(164)
H:スリランカ(48)、中国(47)、トンガ(166)
I:ウズベキスタン(46)、カザフスタン(44)、パプアニューギニア(175)

■男子日本代表 エントリーメンバー
#0 佐土原 遼(F/192cm/広島ドラゴンフライズ)
#23 保岡 龍斗(G/188cm/秋田ノーザンハピネッツ/SAITAMA ALPHAS)
#70 小松 昌弘(F/191cm/TOKYO DIME.EXE)
#91 落合 知也(F/195cm/越谷アルファーズ/ALPHAS.EXE)