×
×
×

東京五輪代表 丹羽・水谷、リザーブの宇田が出場【アジア卓球選手権 代表選考合宿 男子みどころ】

2021.06.17
SHARE
記事をシェア
2021.06.17

左から森薗政崇、丹羽孝希、水谷隼、及川瑞基 テレビ東京卓球NEWS

 2年おきに開催される卓球アジア王者決定戦「アジア卓球選手権大会」の日本代表選手選考合宿が6月17~20日、千葉県旭市総合体育館で行われる。アジア卓球選手権大会本番は9月1~8日、カタールのドーハが舞台だ。

 「アジア選手権2021ドーハ」出場の切符をかけて火花を散らすのは男女各24人。17、18日に女子、19、20日に男子の試合が組まれており、それぞれ初日の予選リーグ(3人ずつ8グループに分かれる)を通過した16人(各グループ1、2位)が決勝トーナメントへ進み、最終的に女子2人、男子4人が代表に選出される。

 ちなみに東京オリンピック代表選手は自動的に出場権を得るため、女子の伊藤美誠(スターツ)、石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)は選考合宿を回避。男子も張本智和(木下グループ)が欠場するが、丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)、水谷隼(木下グループ)は東京オリンピック前の実戦経験の場として選考合宿への出場を決めた。

 男子は順当なら丹羽孝希、水谷隼の東京オリンピック代表2人が有力だが、今年の全日本選手権覇者で第1シードの及川瑞基(木下グループ)、同選手権準優勝で、幻と消えた世界卓球2020韓国(団体戦)代表の森薗政崇(BOBSON)。

今月5日の発表で東京オリンピック日本代表のリザーブ選手に選ばれた宇田幸矢(明治大学)、その宇田と明治大学で同期の戸上隼輔らに勢いがある。

 また、Tリーグ2020-2021シーズンで琉球アスティーダの初優勝に貢献した吉村真晴(愛知ダイハツ)ももちろん侮れない。吉村真晴といえば、前回大会のアジア選手権2019インドネシアでは戸上とダブルスを組み銅メダルを獲得。団体戦でもチームの大黒柱としてチームを引っ張った実績がある。

 他にもチーム戦のムードメーカーの神巧也(T.T彩たま)、今月12、13日に開かれたばかりの東海学生卓球選手権で男子シングル初優勝を果たした木造勇人(愛知工業大学)。

全日本選手権ベスト4の吉田雅己(木下グループ)らが上位争いに絡んでくれば、今回、男子の代表枠は4つあるとはいえ、厳しい戦いになるだろう。

 なお、今大会は有観客で行われるが、新型コロナウイルス感染防止のため事前申込みの上、抽選で観客数が絞られている。


(文=高樹ミナ)


【男子出場選手一覧】
1.及川瑞基(木下グループ)
2.森薗政崇(BOBSON)
3.吉田雅己(木下グループ)
4.田中佑汰(愛知工業大学)
5.丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)
6.英田理志(愛媛県競対)
7.龍崎東寅(三井住友海上火災保険株式会社)
8.水谷隼(木下グループ)
9.宇田幸矢(明治大学)
10.戸上隼輔(明治大学)
11.吉村真晴(愛知ダイハツ)
12.神巧也(T.T彩たま)
13.吉村和弘(岡山リベッツ)
14.曽根翔(愛知工業大学)
15.濵田一輝(愛工大名電高校)
16.篠塚大登(愛工大名電高校)
17.松島輝空(星槎中学校)
18.吉山僚一(愛工大名電高校)
19.平野友樹(協和キリン)
20.木造勇人(愛知工業大学)
21.有延大夢(琉球アスティーダ)
22.村松雄斗(東京アート)
23.鈴木颯(愛工大名電高校)
24.岡野俊介(愛工大名電高校)

SHARE

このページを友達にシェアしよう!