×

張本「小さい頃からの夢だった」水谷「張本はピカイチ」張本・水谷 新旧エースペアが勝利【五輪代表強化試合】

2021.07.03
SHARE
記事をシェア
2021.07.03

張本智和/水谷隼ペア Photo:Itaru Chiba

五輪代表強化試合「2021卓球NIPPON ドリームマッチ」が2日、埼玉県内で行われ、ミックスダブルス、男子ダブルス、男子シングルスの3試合を行った。

丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)がワクチン接種の副反応で発熱が続いたために欠場。急遽組まれた男子ダブルスの試合で、張本智和/水谷隼(ともに木下グループ)の新旧エースペアが神巧也(T.T彩たま)/篠塚大登(愛工大名電高校)と対戦し、3-1で勝利した。


<五輪代表強化試合 男子ダブルス>
水谷隼/張本智和 3-1 神巧也/篠塚大登
12-10/11-8/14-16/11-8

CHI_4485.JPG

張本智和/水谷隼ペア Photo:Itaru Chiba


■水谷隼 試合後コメント

急遽、ペアを組むことが決まって、実際に練習したのが前日に30分くらい。今日試合してみて、(張本選手は)頼りになる。自分は今まで色々な選手とペアを組ませていただいたのですが、自分の中ではピカイチという印象です。

一番驚いたのがレシーブでの威力。レシーブでそのまま点を取ることもできる、相手がプレッシャーを感じていた。

初めて組んでみて感触としてはすごく良かったです。このペアで試合する可能性はゼロではないと思っています。


■張本智和 試合後コメント

水谷選手とダブルスを組むということは小さい頃からの夢でもあったので、こういう形にはなってしまいましたが一緒にプレーして勝てたということがよかったです。小学校時代の自分も喜んでいると思います。

水谷選手とは合宿で週に1、2度はダブルスの練習はしています。自分はダブルスでの出場は(可能性としては)低いと思っているのですが万が一に備えて、最悪の場合も想定して練習しています。

メンタルの状態は悪くないです。これから、さらに上げていくだけです。


CHI_4432.JPG

CHI_4533.JPG

CHI_4524.JPG

CHI_4479.JPG

PHOTO:Itaru Chiba

SHARE

このページを友達にシェアしよう!