×

男子エースの張本智和 2試合とも勝利で収穫 女子エースの伊藤美誠は不完全燃焼【五輪代表強化試合】

2021.07.03
SHARE
記事をシェア
2021.07.03

張本智和、伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba

 日本卓球協会強化本部が主催する「2021卓球NIPPONドリームマッチ(日本卓球協会創立90周年記念)」は7月2日、東京オリンピック直前の強化試合として混合ダブルス、男子ダブルス、男子シングルスの3試合を行った。

 混合ダブルスに出場した東京オリンピック日本代表の水谷隼(木下グループ)/伊藤美誠(スターツ)はパワーで上回る男子のダブルスペアと対戦しストレート負け。

一方、丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)がワクチン接種の副反応による発熱で欠場し、急きょ実施された団体戦を想定した男子ダブルスでは、初めて実戦に臨んだ張本智和(木下グループ)/水谷ペアが神巧也(T.T彩たま)/篠塚大登(愛工大名電高校)ペアにゲームカウント3-1で勝利した。

 また、東京オリンピックの男子団体でエース起用の2点使いが予定されている張本は今年の全日本選手権王者の及川瑞基(木下グループ)と再戦。全日本の準々決勝で及川に敗れた張本だが、リベンジマッチとなった今回はフルゲームの競り合いを制し、この日、出場した2試合で勝利を挙げている。

●混合ダブルス 結果
水谷隼/伊藤美誠 0-4 吉村真晴(愛知ダイハツ)/有延大夢(琉球アスティーダ)
(9-11/6-11/8-11/9-11)

●男子ダブルス 結果
張本智和/水谷隼 3-1 神巧也(T.T彩たま)/篠塚大登(愛工大名電高校)
(12-10/11-8/14-16/11-8)

●男子シングルス 結果
張本智和 4-3 及川瑞基(木下グループ)
(11-5/5-11/8-11/11-7/11-5/8-11/11-4)


不完全燃焼の伊藤「もっと思い切りやっていきたい」


CHI_4135.JPG

水谷隼・伊藤美誠ペア Photo:Itaru Chiba


 東京オリンピックでは金メダルも期待される水谷隼/伊藤美誠ペアが男子ペアに対しどんな戦いを見せるのか。しかも、相手は卓球の名門・野田学園高校時代、インターハイのダブルスチャンピオンになった吉村真晴(愛知ダイハツ)/有延大夢(琉球アスティーダ)ペアだ。

第1試合から大きな注目を集めた異例の混合ダブルスは、序盤から吉村真晴/有延ペアがサーブからの3球目攻撃などで攻める展開。防戦に回った水谷/伊藤は終始、男子ペアのパワーに押されて追う試合となった。

「(立ち上がりから)相手選手が自分たちの良さを出させないようにしてきた」と試合を振り返った伊藤。

「私たちが良くないときは1ゲーム目から(流れの上で)守りに入っている。もっと仕掛けていったり、サーブやレシーブももっと思い切りやっていきたい。

私があまり行けていない(攻めることができていない)と、水谷選手もちょっと受け身になってしまって、最終的に私がやられるみたいな感じがある。水谷選手に繋ぐんだけど、入れながらじゃなくて攻めながら繋げられるような展開を作りたい」と課題を口にした。

 一方、水谷は「やはり男子選手の中でもパワーがある2人。今日は台上から先手を取られて、そこから何本も打たれる場面が多く、最初から最後まで同じような試合展開で行ってしまったのが敗因」としながらも、東京オリンピック本番で相手となるのは男女のペア。

「今日の結果をそんなに悲観的に捉える必要はないと思っている。(本来の混合ダブルスでは)自分たちの戦い方だったり、やるべきことというのは大きく変わってくるので」と冷静に捉えていた。


初ペアの張本に水谷「今まで組んだ中でピカイチ」

CHI_4455.JPG

張本智和・水谷隼ペア Photo:Itaru Chiba


 丹羽の欠場で、急きょペアを組むと聞いたのは試合の2、3日前だったという張本と水谷。東京オリンピック本番では丹羽/水谷の左利き同士のペアが主軸になるが、今回のようにアクシデントがあった場合や対戦国・地域によっては張本/水谷ペアが団体戦1試合目のダブルスに出る可能性も考えられる。

そのため「どういうふうにペアリングを変えるかは課題」と言う男子代表の倉嶋洋介監督は、「練習はいろいろやっているが、(張本/水谷ペア)はまだコンビネーションが100%じゃない。オリンピックまでに時間があるので、そこをしっかり築き上げていきたい」と話した。

 他方、「(張本は)すごく頼りになる。今までいろんな選手とペアを組んだが、その中でもピカイチ」と水谷。一番驚いたのはレシーブの威力だといい、「レシーブで点数を取ることができるし、相手(神巧也/篠塚大登ペア)にサービスミスが4本か5本あった。多分プレッシャーを感じていたんだと思う」と張本の攻撃力に改めて舌を巻いた。

 張本はというと、「水谷さんとダブルスをやるっていうのは、ちっちゃい頃からの夢でもあった。一緒にプレーして勝てたというのは小学校時代の自分も喜んでいるんじゃないか」と、夢が意外な形で実現した感想を語った。

 なお、気になる丹羽の状態だが、倉嶋監督から「今日(2日)の朝は平熱に戻って、しっかり食事も摂れている。明日(3日)から練習も開始する予定」と報告されている。


五輪直前の張本「苦手な相手に勝てた収穫は大きい」

CHI_5031.JPG

張本智和 Photo:Itaru Chiba


 今年1月に開かれた全日本選手権の男子シングルス準々決勝で及川に敗れた張本が、大会後に取り組んだ練習の成果を随所に発揮し雪辱に成功した。とりわけ目を見張ったのはバックミドルへの対処だ。

「(全日本選手権のときは張本の返球が)山なりになってしまうと上から全部カウンターを打たれるというパターンでやられてしまった。なるべく今日はバックに来たボールに対して必ず強く、質の高いボールを打っていくという意識の中でプレーをさせた」と倉嶋監督。

 最大の難敵である中国人選手も「前陣で攻める張本のミドルを突いてくる」と言い、「今日はミドル攻撃に対してしっかり最後まで対処できた」と課題をクリアした張本を評価した。

 張本も「(及川選手は)世界の中でも一番戦いづらい相手。同じチーム(幼少の頃は仙台ジュニアクラブ、現在は木下マイスター東京)でやり慣れているので、特にサービスが効かない。そんな相手にラリーで勝てたりレシーブで仕掛けて勝つことができた。苦手な相手に勝てたという収穫は大きかった」と自身に評価を下している。

 だが、その一方では3カ月半ぶりの実戦で緊張し「手が震えた」とも。東京オリンピックまでの3週間で試合を想定した練習を積んでいきたいと話していた。


(文=高樹ミナ)

SHARE

このページを友達にシェアしよう!