×

平野美宇「苦しい試合だった」フルゲームの激闘を制しベスト16進出【世界卓球2021】

2021.11.26
SHARE
記事をシェア
2021.11.26

平野美宇 Photo:Itaru Chiba

「世界卓球2021ヒューストン」<11月23~29日/アメリカ・ヒューストン>大会3日目の25日、女子シングルス3回戦で平野美宇(日本生命/世界ランク12位)がバラージョバー(スロバキア/同54位)をゲームカウント4-3で下し、4回戦に進出。ベスト16入りを決めた。

1、2回戦ともにストレートで勝ち上がった2017年大会銅メダリストの平野は、スロバキアのサウスポー、29歳のバラージョバーと対戦。過去の成績は3勝0敗で、2021年3月のWTT中東シリーズ・スターコンテンダードーハ大会では、3-1で退けている相手だ。

第1ゲーム、鋭いバックドライブが決まり、8-4とリードした平野だが、レシーブミスなどが重なり追いつかれると、10-9のゲームポイントからの3連続失点で、ゲームを落としてしまう。

CHI_6471.JPG

バラージョバー Photo:Itaru Chiba

第2ゲームは、バックドライブで強く回転をかけて、相手のバックハンドのミスを誘い、5-1とリード。レシーブではフリックやチキータで仕掛け、強気のプレーで奪取。

第3ゲーム、バラージョバーはYGサーブ、バックサーブを使い分け、平野のレシーブが少しでも甘くなるとフォア強打を決めてくる。しかし、平野も我慢強く相手の攻めをかわし、得意のラリー戦でポイントを重ねて、11-7でゲームを連取した。

ゲームカウント2-1とリードした第4ゲームは、チャンスボールでのフォアスマッシュミスなどもあり、6-11で落とす。

CHI_6508.JPG

平野美宇 Photo:Itaru Chiba

苦しい展開となったが、第5ゲームは平野が覚醒して一方的な展開に。強烈な両ハンドドライブが面白いように決まり、驚異の8連続ポイントで奪い返した。

しかし、なかなか流れに乗り切れない平野は、続く第6ゲームも相手に攻め込まれて落としてしまう。

そして迎えた最終第7ゲーム。強気のバックドライブで相手のフォアサイドを攻めた平野がリードを保ち、最後はチキータレシーブからのフォアサイドを切る鮮やかなバックハンドで締めて、接戦を制した。

試合後のインタビューで平野は「試合で苦しい試合だったんですが勝つことができてよかったです。思い切ってチキータでいけたことが勝てた要因だと思います。4回戦は中国選手だと思うのでしっかり向かっていきたいです」とコメントした。

【世界卓球2021ヒューストン】
<女子シングルス3回戦>
平野美宇 4-3 バラージョバー(スロバキア)
10-12/11-5/11-7/6-11/11-3/8-11/11-7

CHI_6461.JPG

CHI_6720.JPG

平野美宇 Photo:Itaru Chiba

世界卓球2021 各種目日程・結果速報

■世界卓球2021ヒューストン トーナメント表

世界卓球2021ヒューストン
【世界卓球2021ヒューストン 11.23(火)テレビ東京系列・BSテレ東で連日放送】
開幕卓球の熱狂をもう一度!世界卓球の放送が決定!

五輪メダリストを含む新生卓球NIPPONで悲願の「打倒中国」を目指す

大会日程・放送・配信情報は公式HPまで
公式HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/wttc2021/

SHARE

このページを友達にシェアしよう!