×

宇田幸矢・戸上隼輔 韓国ペアに敗れる 銅メダルが確定【世界卓球2021】

2021.11.29
SHARE
記事をシェア
2021.11.29

宇田幸矢・戸上隼輔 Photo:Itaru Chiba

「世界卓球2021ヒューストン」<11月23~29日/アメリカ・ヒューストン>大会6日目の現地28日、男子ダブルス準決勝で宇田幸矢/戸上隼輔(ともに明治大学)がチャン・ウジン/イム・ジョンフン(韓国)にゲームカウント1-3で敗れ、銅メダルが確定した。

韓国エースのチャン・ウジンと、世界6位の林昀儒に今大会で金星を挙げたイム・ジョンフン。アジア選手権決勝では3-1で勝利している実力者ペアに、20歳同士の日本ペアが連勝をねらった一戦。

CHI_6313.JPG

チャン・ウジン/イム・ジョンフン Photo:Itaru Chiba

1ゲーム目から積極性を見せる日本ペア。5-4での大きなラリーも、持ち前の攻撃力で制し、ストップ合戦からチャンスボールをねらい打って日本ペアが11-8で先制する。

一転、第2ゲームはハーフロングのボールを日本ペアに持ち上げさせ、カウンターで決めるなど、韓国ペアに効率よく立ち回られて4-11で取り返される。

CHI_6346.JPG

宇田幸矢・戸上隼輔 Photo:Itaru Chiba

「テーハミング(大韓民国)」コールも響く会場。第3ゲームもツッツキ合戦からお互いがチャンスボールを打つ展開が続き、9-9から韓国選手らしいパワフルなドライブを2本決められ9-11で連取される。

4ゲーム目も激戦となり、日本は宇田のチキータを軸に対抗。チキータつぶしのロングサーブにも対応するが、またもツッツキ合いからの展開で劣勢になり、最後はドライブをネットにかけて7-11で敗れた。

豪快なドライブに、精緻な技術も併せ持つ韓国ペア。今回はリベンジを許したが、若い日本ペアは初出場での銅メダルとなった。

【世界卓球2021ヒューストン】
<男子ダブルス準決勝>
宇田幸矢/戸上隼輔 1-3 チャン・ウジン/イム・ジョンフン(韓国)
11-8/4-11/9-11/7-11

CHI_6572.JPG

宇田幸矢・戸上隼輔 Photo:Itaru Chiba

世界卓球2021 各種目日程・結果速報

■世界卓球2021ヒューストン トーナメント表

世界卓球2021ヒューストン
【世界卓球2021ヒューストン 11.23(火)テレビ東京系列・BSテレ東で連日放送】
開幕卓球の熱狂をもう一度!世界卓球の放送が決定!

五輪メダリストを含む新生卓球NIPPONで悲願の「打倒中国」を目指す

大会日程・放送・配信情報は公式HPまで
公式HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/wttc2021/

SHARE

このページを友達にシェアしよう!