Introduction イントロダクション

『トキメキ☆成均館スキャンダル』の原作「成均館儒生たちの日々」を執筆した
チョン・ウングォルのロマンス史劇。2005年に出版され、韓国で100万部以上の
ベストセラーとなった原作小説をドラマ化。

純愛、三角関係、記憶喪失、運命、そして歴史ドラマならではの陰謀や権力、呪術の要素を加えた究極のエンターテインメント時代劇。

~人気俳優の若き日の熱演に注目!!~
幼き日のファン役を温かな眼差しと爽やかな微笑で年上女性の心を奪っているヨ・ジングが王子としての存在感とヨヌへのまっすぐな恋心を好演。
同じく幼き日のヨヌ役を “国民の妹”と言われる「トンイ」でもおなじみのキム・ユジョンがより一層磨きのかかった演技力とかわいらしさで熱演。
また、子ども時代のヨヌの兄役にはイム・シワン、悲しい運命を背負った陽明君役にはイ・ミノとイケメン若手俳優が物語に華を添える。
そして、ふたたび恋に落ちる二人をせつなくも美しく演じきるのはハン・ガインとキム・スヒョン。

Story

太陽のようにあたたかく輝く王子フォン(ヨ・ジング)、太陽を優しく抱く月のような少女ヨヌ(キム・ユジョン)。運命に導かれるように恋に落ちた二人。しかし、婚礼を目前にヨヌが原因不明の病にかかり命を落としてしまう。その陰には、朝廷の権力争いによる陰謀が…。
そして、同じ空では決して輝くことのできないもうひとつの太陽の存在が…。
それから8年。
若き王となったフォン(キム・スヒョン)は、ヨヌを忘れられず心を閉ざしていた。死んだはずのヨヌ(ハン・ガイン)は、過去の記憶をすべて失い、巫女としてこの世に生きていた。
ある夜、偶然の出会いを果たす二人。運命の歯車が再び回り始める…。

©2012 MBC