キャスト

佐藤隆太 (武島剛志役)

武島剛志 佐藤隆太

武島直貴の兄。直貴を大学に入れたい一心で強盗殺人の罪を犯し、服役中。刑務所から直貴に手紙を送り続けている。

コメント

Q1.「手紙」出演のお話を聞いたときのお気持ちは?

物語の重要なポイントになる大変難しい役どころだったので、本音を言うと少し怯みましたね、自分に務まるのだろうかと。でもキーになる役を演じられるのは役者としては嬉しいことなので、ありがたく参加させていただきました。剛志の出演パートは撮影の後半だったので、撮影を迎えるのがドキドキするというか、撮影に参加していないのに役のことが頭から離れない、何をしていても考えてしまうというのは、やはり作品の力が大きいのかなと思います。

Q2.佐藤さんから見た武島剛志とは?

すごく純粋で、弟思いの心優しいお兄ちゃん。自分に学がないこともわかっていて、とにかく“弟のために!”という一心。そこがすべての根っこになって、この物語は展開していきます。今回の役を演じるにあたって、剛志というキャラクターに対して考えることがたくさんありました。なぜこんなことをしてしまったんだろうという基本的なことから、彼には足りないところがあるのか、あるとすればそれはどういうところなのか、とか。監督とも話したのは、剛志は先のことに対して器用に考えられる人ではないかもしれないね、ということでした。不器用な人なのかな…シンプルな言葉で言ってしまうと。犯罪とは縁遠い存在に見える人でも、思いがけずそういう状況に転げ落ちていってしまう人はいるだろうし。切ない役どころですよね。

Q3.剛志を演じてみて大変だったことは?

限られた出演シーンの中で、剛志というキャラクターをどうやったら伝えられるかというところですね。最初はただ、本を読んで純粋に感じた弟(直貴)への思いを芝居に反映できればいいと思っていたのですが、自分では想像もつかなかったような芝居を監督が要求してくださって。ああなるほど、そういうことかと。監督はいろんな角度から物事を見ていらっしゃる方なので、気づかされることも多かったですね。それらを自分の中で消化して演じるのが面白くもあり、難しくもありました。

Q4.亀梨さんとの共演はいかがでしたか?

初共演だったのですが、ほとんどお話できなかったですね。2日間しかご一緒できなかったというのもありますが、ドラマでの間柄上、あまり話さない方がいいとお互い思っていたと思うので…。そんな中でも少し話したのは、本当にしんどいよね、ってことでした。僕はたった3日の撮影だけでもしんどかったのに、亀梨さんは、この重いテーマの中で直貴というキャラクターに1か月間も添い続ける。本当に大変だろうなと思いました。そんなハードな精神状態の中でも集中力を持って、お芝居に対して真っすぐに向き合っていらっしゃるので、すごく気持ちがいい人だなと思いました。だから撮影が終わった時、「また今度、陽気な作品でも一緒にやりたいですね!」なんて話をしました。

Q5.視聴者の皆様へメッセージをお願いします。

原作はすごく有名ですし、映画にもなっているので、多くのファンがいらっしゃる作品だと思いますが、ドラマ版の監督は新たな試みをされる方なので、また違った「手紙」という作品に仕上がるんじゃないかと僕自身も楽しみにしています。原作を読んだ方、映画をご覧になった方もぜひドラマ版「手紙」をご覧いただき、楽しんでいただけたらと思います。

キャストトップへ戻る

ページトップに戻る

おすすめドラマサイト