画像2

カイセツ
モノガタリ
ヤマカシ
プロダクト
スタッフ



 

ヤマカシロゴ


まだ夜も明けきらぬ早朝のパリ。
 25階立てビルの壁面を、PUMAのウェアとシューズに身を包んだ7人の若者達が、素晴らしいスピードで昇って行く。泥棒と間違えた住民たちが、警察へと通報するが、若者達は、街に昇ってくる朝日を屋上から見つめると、パトロールカーの到着を尻目に、どこかへと消え去った。
彼らは自らを「YAMAKASI」と呼んでいた。メンバーは音楽ナシでは生きられないジクミュ(ヤン・ノウトゥラ)、踊りの名手であるタンゴ(ロラン・ピエモンテージ)、抜群の足の速さを誇るロケット(ギレイン・ヌグバ・ボイェケ)、身に付けたロープを操って素早く行動するスパイダー(ウィリアムス・ベル)、ボールだけでなく、投げれば何であれコントロール抜群のエース(チョウ・ベル・ディン)、器械体操の名手イタチ(マリク・ディウフ)、リーダー格で皆の信頼を得るブル(シャルル・ぺリエール)…個性溢れる7人がそのメンバーだ。低所得者用の共同住宅に住む彼らにとって「YAMAKASI」として活躍することは、誇りを獲得する術でもあった。


一方、大きな犯罪ではないとはいえ、毎度毎度、逃げられ赤恥をかかされている警察は、彼らの取り締まりにいよいよ本気になっていた。刑事でありながら「YAMAKASI」の気持ちを理解してもいるヴァンサン(マエル・カモウン)は、友人でもあるブルに警察の動きを伝える。しばらくの間はなりを潜めたほうがいいのでは、と意見するが、ブルは聞かなかった。
ヴァンサンは、今や子供たちの間でも人気を高めている「YAMAKASI」が、何らかの形で事故を引き起こしたりしないか、それが心配だったのだ。ヴァンサンの悪い予感はすぐに的中した。
心臓に疾患を持ち、過激な運動を禁じられていた少年ジャメル(ナッシム・ファイド)が、仲間にはやしたてられたあげく、「YAMAKASI」気分で木に登らされ、そこから転落してしまったのだ。ジャメルの症状は深刻だった。24時間以内に心臓移植手術を受けさせなければ、命はない。だが、そこには、二つの問題があった。心臓を提供するドナー、そして、費用が40万フランもかかるというのだ。ドナーはスイスに見つかったが、問題は手術費用の方だった。女手ひとつで、ジャメルと姉のアイラ(アメル・ディアメル)を育ててきたファティマ(アフィダ・ターリ)には、金銭的な余裕は全くなかった。


その夜、心身ともに疲れ果てた、母親のファティマはアパートの窓から自殺を図ろうとする。その姿を見たのが、「YAMAKASI」だった。駆け付けた彼らは、アッと言う間にアパートの壁へと、よじ登って待機。やがて、説得を振り切ったファティマは飛び降りてしまうが、「YAMAKASI」は見事な連携プレーで落下する彼女の体を次々と受けとめて、衝撃を和らげて行く。彼らの活躍でファティマは一命をとり止めた。 だが、アイラが「YAMAKASI」に浴びせた言葉は辛辣だった。「YAMAKASI」に憧れたジャメルが危篤状態にあると知り、彼らの中で決意が固まる。明日の正午までに40万フランを集める!異論はなかったが、それは同時に法律を踏み越える危険な決意でもあった。
彼らは、40万フランをそろえない限りジャメルの手術を行わない、という病院の理事長たちの家から、その金を集めることにした。集めた金は、すべて手術費用とする。「それなら問題ナシだ!」行動は早朝5時から開始された。3班に分かれた「YAMAKASI」が、それぞれの家を目指して散って行った。


刑事のヴァンサンもジャメルを救うため、厚生参事官へと直訴していた。ヴァンサンの願いを一旦は聞き入れたと思った参事官だったが、結果は逆に上司へのクレームとなって戻ってきた。上司から叱責を受けるヴァンサン。彼にはもはや打つ手はなかった。
忍び込んだ理事長たちの屋敷で、様々な危機に出会いながらも、なんとか計画を進めて行く「YAMAKASI」。だが、彼らは、自分たちの姿がある屋敷の監視カメラに捉えられていることに、まだ気がついてはいなかった。ヴァンサンは「YAMAKASI」の動きを察知していた。
ヴァンサンはこれ以上「YAMAKASI」が行動を続ければ、逮捕もやむを得ない、とブルに警告する。だが、ジャメルのことを思えば、ブルたちも後に退くことは出来なかった。計画は予定通りに進んでいるが、まだ金額は足りなかった。これから、最後の目的地である厚生参事官邸を狙う!ブルはヴァンサンと別れた。 ヴァンサンもブルたちの目的地に勘付いた。たとえ友人であっても、刑事としてこの事態を見過ごすことは出来ない。ヴァンサンの通報で、厚生参事官の屋敷は警官隊に囲まれる。しかも、オルシーニ警視(パスカル・レジェ)までが駆け付け、ヴァンサンは現状の指示権を失ってしまった。オルシーニの指示によって、強力な特殊部隊までが駆け付けた。もはや逃げ場はない。 絶体絶命!
そんな状況でも時計の針は無情に時を刻む。果たして、「YAMAKASI」は無事にジャメルの命を救えるのか?!
 
| カイセツ |モノガタリ | ヤマカシ| プロダクト |スタッフ |