Story ストーリー

  • 時は朝鮮王朝11代王
中宗の治世下内医院の医官チェ・ウォン(イ・ドンウク)は
腕は最高だが、仕事はさぼってばかりで
下手な医者扱いされている。
実は、男手ひとつで、
病弱な娘ラン(キム・ユビン)の
病気を治そうと奔走していた。
  • ある日、中宗が危篤で、危険な状態に。
文定王后とソユン派は
世子イ・ホ(イム・スロン)の毒殺を計画し、
イ・ホの主治医であるミン・ドセンに毒殺を命ずる…。
その頃イ・ホは、信頼をよせるウォンに
東宮殿の担当医官になれと命ずるが、
ウォンはそれを断ったのだった。
  • そしてランの病気の治療法が書かれた書を
手に入れるため禁書庫に侵入するが、
ひょんなことから医女のダイン(ソン・ジヒョ)と
禁書庫に閉じ込められるはめに。
なんとか脱出するが、
翌日、ミン・ドセンの遺体が禁書庫で発見され、
ウォンは殺人の濡れ衣が着せられてしまう。
ランを1人にできないウォンは必死の思いで牢獄から逃亡し…。