新・刑事吉永誠一

六条鉄馬の鑑識日記

2014.11.28
撮影裏話
六条です(^o^)/

今回はそれぞれの撮影で、こんな裏側があった!
そんなお話をします(^▽^)

まずは一話
犬山のアパートに鑑識班が鑑識作業に踏み入るシーン
※突入シーンの放送はなかったのですが。。。

実はここの入口がめちゃくちゃ狭くて、エレベーターからの登場なのですが、鑑識班4人が乗り込んでさらに装備まであるとかなりぎゅうぎゅう(x_x;)
カットがかかってもぎゅうぎゅうなので逃げる場所がなく、
鑑識班は非常階段で待機をしていました(^_^;)

カメラマンさんや照明さん、撮影のスタッフさんなどが居るのでこんな感じ
解り辛くてすみませんm(__)m

次は小道具
いつも鑑識課が撮影する時、本物さながらの装備をしているのは見て頂けていますか?
現場で小道具さんがいつもこんな感じに用意していてくれています(^○^)
他にも、マスク、ゴム手袋、帽子の下に髪が落ちない様に
紙キャップ(通称シャワーキャップ)を装備します!
そして今年から増えた装備がこちら
アームバンド!!
袖や腕から現場にゴミが落ちない様にするものなんですが、これが曲者(-o-;)
ビニール製でこれがあるだけでめちゃくちゃ暑いんです!
撮影初めは残暑もあり、鑑識メンバーみんな嫌がっていました(>_<)
秋くらいになると少しは楽になりましたが、林さんは暑がりらしく、今でもうっとうしそうにしています笑

ちなみに番外編の装備はこちら
ポーズは気にしないで下さい笑

これは「刑事吉永誠一 涙の事件簿」の1話で川さらいのシーンでも着ていましたが、通称ペンギンと言って、水場の作業の時に衣裳の上に着用します!
7話でも着ているのはお分かり頂けましたか?

ヒントはこちら

この撮影は海辺でのゴムボード捜査が有ったのでかなり大変でした!
もう一度観て頂ける機会があれば、確認してみて下さい(^O^)

それでは!

ページトップ



おすすめドラマサイト