クロスゲーム
新着情報
ストーリー
キャラクター
スタッフ・キャスト
次回予告
これまでのお話
放送局情報
トップへ戻る

第27話「・・・かもしんない」

2009年10月4日放送

竜旺学院との試合の前日。光、吾妻、赤石、千田、中西とそれぞれが試合に備えて気持ちを高めていた。そして、ベンチに入れない青葉は、応援の準備をするのだった。
試合当日。有楽町では、志堂理沙が出演した映画の舞台挨拶が行われていた。挨拶もそこそこに、携帯のワンセグで試合を見る理沙・・・。
後攻の竜旺学院は、マウンドにはエースの松島、ファーストは4番・志摩野。三島の名前がスターティングメンバーに無いことを知った光と東は、チャンスを見出していた。松島の落ち着いた投球に3者凡退の星秀。そして、マウントには光。初球から豪速球が決まり、3者3振で竜旺学院の攻撃を終わらせる。どよめくスタンドをよそに、さも当然の表情で観ている青葉。2回表の星秀の攻撃は、4番・東から。東は、あっさりとホームランを放ち、星秀が先制する。その裏、光は打席に4番・志摩野を迎える・・・。


第28話「終わらせようぜ」

2009年10月11日放送

東の2打席目。竜旺学院のエース・松島は得意の変化球で東と勝負をするが、痛烈な2塁打を打たれてしまう。そして、投げては光が5回までで8奪三振の好投。監督をはじめ、竜旺学院の面々は光と東の実力に圧倒されてたが、控えでベンチに居る三島と及川は、そんな試合を楽しんでいた。
試合は投手戦となり、1対0で星秀学園がリードのまま、7回の表の星秀学園の攻撃。光、東の実力に嫉妬し苛立っていた志摩野が、守備で無謀なプレーをして負傷交代をする。代わって守備に付くのは三島。打順も志摩野の代わりで4番を努めることに。
そして、光と三島の対決。三島はあっさりとホームランを放ち、竜旺学院は同点に追いつく。
9回、竜旺学院は松島に代えて2年生の及川をマウンドへ。及川の前に無得点に終わった星秀学園。試合は9回裏となり、光は、打席に再び三島を迎える。


第29話「だれがァ!?」

2009年10月18日放送

光と三島の2度目の対決。光はコントロールを捨て、スピードに専念をする。三島は、前の打席でバックスクリーンに完璧なホームランを打ったものの、この打席では、光の球威に押されていた。そして、三島の打った打球はピッチャーライナーとなり、この勝負は光に軍配が上がる。後続打者を打ち取り、試合は延長戦へと突入。9回からマウンドに立つ竜旺学院の及川は、多彩な変化球と豪速球という付け入る隙のないピッチングをし、星秀学園の攻撃を無失点に終わらせる。
10回裏。スタンドで観戦していた青葉は、光の異変に気づく。光は、三島との2度目の対決で捕ったピッチャーライナーの球威が強く、左手がしびれて思うように動かせないでいた。そんな中、得点圏に走者を背負い、一打サヨナラ負けというピンチで、打席に及川を迎える・・・。


第30話「若葉」

2009年10月25日放送

練習からの帰り道、光と東は、若葉そっくりの女性・滝川あかねと会う。工事が終わり次第、樹多村家の隣に越してくる予定だと言う。若葉が生きていて、まるで成長したかのような姿のあかね。光は、若葉との過ぎた日々を思い出す・・・。


第31話「年をとるのかなァ」

2009年11月1日放送

夏祭りが近づき、かすかに聞こえてくる太鼓や笛の音。若葉の命日が迫り、想いを馳せる、青葉や一葉、紅葉。
夏祭り当日、光は若葉の墓前に近況を報告しにいく。今年は甲子園へ行かれなかったことなどを話し終え、立ち去ろうとしたその時、光の目の前にあかねが現れる。
光とあかねは、成り行きで一緒に夏祭りをまわることに。はしゃぐあかねに、若葉の姿を重ねる光。その姿を見かけた青葉は、「死んだ人間も年をとるのかな」と若葉と瓜二つのあかねの容姿に驚く。そして、赤石、一葉、紅葉なども、同様に衝撃を受け、絶句する。


第32話「ちょっと」

2009年11月8日放送

光や青葉の周りでは、あかねがどれだけ若葉に似ているかという話題で持ち切りとなる。それぞれに、「若葉は小5のまま」と同じように突き放したことを言う光と青葉だが、二人とも、内心あかねのことは気になっていた。
地区大会で星秀学園を制し、甲子園へと進んだ竜旺学院は、三島、及川の活躍でベスト4まで駒を進めていた。
9月。滝川家の工事が終わり、樹多村家の隣に引っ越してくるあかね。近所ということもあり、あかねは樹多村家や月島家と接するようになる。光とあかねが近づくことを面白く感じていない青葉は、あかねに対して刺のある態度で接してしまう。ある日。青葉は暴漢に襲われそうなあかねを助ける。お礼を言うあかねの姿に、若葉の面影を見出す青葉は・・・。


第33話「はたまた運命・・・か」

2009年11月15日放送

秋季大会が始まり、初戦を難なく通過する星秀学園。春の甲子園を目指し、気合の入る光と赤石。
暴漢から助けてもらったお礼をしようと、あかねは青葉にプレゼントを用意する。青葉のような妹が欲しかったと呟くあかねを複雑な心境で見つめる光。
あかねと光は、青葉にプレゼントを渡そうと自宅を訪ねる。そこであかねは、亡くなった若葉のことを知る。若葉への思いの為か、青葉は若葉に似ているあかねには素直になれず、素っ気無い対応をしてしまう。
試合前日、光と東は月島バッティングセンターで練習し、最後の調整をしていた。その帰り道、喫茶クローバーに寄った二人に青葉が料理を振舞うという。光は断るが、東はナポリタンを注文して・・・。


第34話「あけまして」

2009年11月22日放送

光は、年越しそばで人手の足りない「そば処滝川」の手伝いをすることに。出前に行った月島家で、その事を光は青葉に罵倒される。青葉には、光とあかねの距離が縮まることが面白くない。
光、赤石、中西の3人は初詣に出かける。そこで、純平と一葉がスリに遭い、光たちが追いかけることに。光は、スリを追い詰めたところで反撃に遭い、逆に危険な状況に追い詰められてしまう。が、間一髪、光を救ったのは・・・。
一方、月島バッティングセンターでは青葉と東がバッティングに汗を流していた。女子野球への道を勧める東に、青葉は・・・。


第35話「2月14日」

2009年11月29日放送

あかねの書いた絵がコンクールでグランプリとなり、夏の甲子園のスクリーンに映し出されることに。光に、絵のモデルが青葉だと言われても、素直に喜べない青葉。青葉は、甲子園と女子野球との間で思い悩んでいた。
あかねは、自分がどれほど若葉に似ているのか、赤石に問い詰める。赤石から、若葉が光を好いていたを聞かされ、納得するあかね・・・。
バレンタイン。光の周りでもにわかに騒がしくなってくる。野球部部室で、もらったチョコの数などを話している光と東、赤石。そんな和やかな会話の中、東から思わぬ告白があり、二人は衝撃を受ける。
学校からの帰り道、青葉と偶然一緒になった光は、チョコの話題となる。そして、そこにあかねも加わり微妙な空気となる・・・。


第36話「女子野球へ!?」

2009年12月6日放送

女子野球代表セレクションを受けることに決めた青葉。会場までの車中には、里見女子高校の松山や小島、そして、みどりの姿も。自分と同じ女子選手たちに囲まれ、青葉は車中を楽しんでいた。
会場に着いた青葉は、以前対戦した桜花女子大の尾崎と沢口にも出会う。ホームランを打たれた記憶が蘇り、悔しさに唇をかみ締める青葉・・・。
セレクションの実技となり、青葉はブルペンで投球を始める。豪速球と切れのある変化球に、青葉は周囲の選手たちの注目を集める。以前よりもレベルアップしている青葉を悔しそうに見つめる沢口。
セレクション一次選考が終わり、これから結果の発表というとき、竜旺学院の志摩野の従姉妹・志摩野恵からある提案がなされる・・・。


第37話「よく寝たからでしょ」

2009年12月13日放送

練習中、東の打った打球が足にあたり、入院してしまう青葉。
青葉は、女子野球セレクションを途中辞退することになってしまう。
東はその事に責任を感じてしまい、練習に全く気が入らない。
そして、毎日青葉を見舞いに病院へと足を運ぶ。
青葉と一緒にセレクションを受けた小金沢みどりは、補欠ではあるが合格していた。
純平は、一葉を浜辺に連れ出し二人きりとなる。
思いつめた表情の純平は、ようやく話しを切り出し、一葉にあることを伝えるのだが・・・・・・。
青葉が入院してしばらく経ったある日。
光は、野球部の部室から青葉のグローブとボールを持って、青葉が入院する病院へと向かう。
光が病室を訪ねると、青葉は眠っていて・・・・・・。


第38話「初デートですよ」

2009年12月20日放送

甲子園春の大会で活躍する竜旺学院。
及川、三島がチームの中心となり、竜旺学院史上最強チームと言い放つ寺田監督。
東は、大門と道端で偶然出会う。大門は、黒駒実業で野球部の監督をしているという。
星秀学園に居た頃と変わらず、強引なことを続けている大門を批判する東。
赤石の取り計らいで、光とあかねは二人で歌舞伎を見に行くことに。
光と一緒に居たときの若葉の笑顔が一番だった、という赤石を、複雑な思いで見る光・・・。
あかねとのデートを終えた光は、赤石の家に向かう。
赤石にデートの顛末を話した後、光は赤石にあかねからのプレゼントを渡す・・・・・・。


第39話「ずっとずっと」

2009年12月27日放送

春になり、星秀学園の野球部に新入生が入ってくる。
光たちは3年生となり、最後の夏を目指して一層練習に気合が入る。
光は、青葉から変化球を教わり、短時間で吸収していく。
その事を面白く思っていない青葉に、「お前が俺の体を借りて投げていると思えばいい。」と言う光・・・・・・。
純平と一葉のこともあり、喫茶「クローバー」はアルバイトを募集することに。
なんと、早速あかねが応募してきて、即日採用されることに。
翌日、光とあかねはフリーマーケットに出かける。
光は、変化球を教えてもらったお礼にと、青葉にTシャツを買うのだが・・・・・・。


あだち充/小学館・月島バッティングセンター・テレビ東京