スペシャルプレゼントのお知らせ!

8月3日(水)夜10時放送 孤独のグルメスペシャル!真夏の東北・宮城出張編

その夜、井之頭五郎(松重豊)は仙台の牛たんの店、「萃萃」にいた。ぶっきらぼうな親方(でんでん)とお客さんの小気味良い会話を聞きながら、昼間、旧友の岸本(渡辺いっけい)と会った時のことを思い出していた。新しい商業施設「シーパルピア女川」での秋のイベントを紹介された。久しぶりの旧友からの仕事、しっかり頑張らねば。
「明日、いい仕事をするためにも、牛のパワーを注入しておきたい・・・」
暫くして「牛たんセット」がやってきた。牛たんをゆっくり噛みしめる。塩が効いていて柔らかく、美味しさが今までのものと全く違った。麦飯でなく白米なのがまた良い。とろろにつけて食べてもよし。付け合わせの浅漬けやテールスープもあなどれなかった。やがて「テール焼き」が来た。焼きというより煮込みだ。一口食べるとニンニク醤油ダレが口いっぱいに広がった。テール焼をほぐしてご飯に乗っけて食べると、残りの牛たんをご飯に乗せてとろろをかけて食べ、最後にスープも飲みきって十分満足するのだった。
翌日五郎はレンタカーの軽トラで女川へ。シーパルピア女川の牧原達也(向井理)たちに会うと、イベントで販売するのサンプルの説明をする。皆商品を気に入ってくれた様子にほっとした途端、お腹がすいてきた。
急ぎ軽トラに乗り込み店を探す。しばらくして「ニューこのり」「食事処」の文字を発見、入り口には「活魚」の文字。明るい女将(余貴美子)に迎えられ店内に入ると、老若男女で賑わっていた。
五郎は「海鮮五色丼」と「穴子の天ぷら」を頼む。しばらくして五色丼が出てきた。数えてみるとなんと六種類以上のネタが乗っている。どれも新鮮で本当にうまい。
合間に頂くあら汁も素晴らしかった。その時穴子の天ぷらが登場。あまりの大きさに驚くも、追加で「殻うに」まで注文してしまった。揚げたてサクサクの穴子に食らいつき、五郎は力がみなぎるような気がした。やがて「殻うに」がやってきた。五郎はそれを丼の上に乗せ、海鮮丼を平らげた。そしてご飯を追加すると、残りの穴子を乗せて頂いたタレをかけて食べきった。
「わたしたちは海と生きる」という女川のポスターの文字をしっかりと見つめる五郎。すべて食べきると、大満足で店を後にしたのだった。
海岸沿いの道を走っていた五郎は「サバ出しらーめん」ののぼりに惹かれ、「食堂きかく」に立ち寄ってしまう。東北出張のしめに「サバ出しらーめん」をズルズルと食べる。あまりの美味しさにまたも全て平らげてしまう五郎だった。

ゲスト

向井 理  渡辺いっけい  でんでん  余 貴美子

★お知らせ
原料値上りの影響で、牛たん「萃萃」の牛たん料理の価格がドラマの表示から変更されているものがありますので、ご注意ください。

ドラマに登場したグルメなど全シーズンの情報が検索できます!

主演:松重豊 コメント

半年のインターバルを経て再び井之頭五郎を演じ、「このドラマは食べなきゃいけなかったんだな」と改めて思い出しています。
今回の舞台である宮城の三陸に、僕は震災後初めて足を踏み入れたのですが、本当に生々しい傷跡がまだ残っていて、その場所で暮らしている人達がいます。その人達が作ってくれた料理は本当においしかったです。皆さん、「遊びに来てください。食べに来てください。」という気持ちで、笑顔で迎えてくださったので、『孤独のグルメ』というタイトルのドラマですが、“孤独”ではなく、三陸の人たちと幸せな思いを共有できました。すごく幸福な気持ちになりましたし、「食べに来てください」という現地の人達の思いをこのドラマで代弁したいと思っています。
長く続いているシリーズですが、まだ皆さんが味わったことのない東北のおいしいものをご紹介しています。ドラマを見てちょっとでも興味をもったら、足を延ばして食べに来ていただけたら嬉しいです。

孤独のグルメ5
孤独のグルメ4
孤独のグルメ3
孤独のグルメ2
孤独のグルメ1
「孤独のグルメSP真夏の東北・宮城出張編」を見放題で見られるのはAmazonプライム・ビデオだけ!詳しくはこちら!