2014年6月4日

浅草下町通交番

子連れ巡査の捜査日誌2

キャスト

佐武純平  ・・・  山口智充
長谷川貴子  ・・・  安めぐみ
前島和也  ・・・  大浦龍宇一
砂田冬吉  ・・・  品川徹
鈴木早苗  ・・・  黒坂真美
今田金男  ・・・  中西良太
吉永智彦  ・・・  冨家規政
仲本  ・・・  内野謙太
佐武はな  ・・・  久家心
植木  ・・・  小倉一郎
加地拓  ・・・  米原幸佑
三沢  ・・・  鈴木一真
水口晴子  ・・・  藤田弓子
柳田英俊  ・・・  内藤剛志
あらすじ

佐武純平(山口智光)は浅草・下町通交番の巡査長。町の治安を守りながら、娘・はな(久家心)を男手ひとつで育てている。
ある日、“アパートに住むおじいさんの様子がおかしい”との通報が入る。駆けつけると、ケースワーカーの長谷川貴子(安めぐみ)が必死にドアを叩き、中では住人の砂田冬吉(品川徹)が倒れていた。砂田は元鳶職人で、以前から体調を崩していたため、貴子は生活保護を勧めていたが、受給を拒否し続けている。

  翌朝、公園で腹部を刺された遺体が発見され、純平は規制線を張っていた。そこへ刑事の柳田英俊(内藤剛志)、三沢(鈴木一真)が現れるが、三沢はなぜか無愛想だ。被害者の佐藤貴志(服部桂吾)は生活保護受給者。一週間前、担当の貴子と窓口で押し問答があり、弁護士の前島和也(大浦龍宇一)が助けに入るというトラブルがあった。
一方、純平はパトロール中に、顔なじみのホームレス・安田誠(剛州)から、佐藤が“金づるを掴んだ”と豪語していたことを聞く。その頃、三沢は佐藤の部屋で見つけた鍵のロッカーを突き止め、中から200万円分の札束を発見。柳田は、生活保護を受けるためロッカーに隠した、恐喝で得た金ではないかと推測する。

  そんな最中、前島法律事務所に石が投げ込まれる事件が起き、秘書の鈴木早苗(黒坂真美)がケガをしていた。前島は、貧困ビジネスの被害にあった人たちを救済している。ホームレスたちを囲い込み、生活保護を受けさせ、保護費をピンハネする悪徳業者の逆恨みによる嫌がらせではないかという。

  数日後、純平は、佐藤が生前住んでいた部屋に、安田が引っ越すことを知る。その手続きを全て行ったのが、あるNPO法人だった。代表の吉永智彦(冨家規政)は、佐藤がアパートを借りる時の保証人にもなっており、殺害される直前にも会っていた。捜査本部が吉永の犯行を疑い出したころ、事態が一転する。隅田川沿いで吉永の遺体が発見されたのだ。しかも携帯電話に貴子との通話履歴が残されていて…。

スタッフ

【脚本】安井国穂
【監督】児玉宜久

エンディング曲

輝く時間ときの中で
植村花菜
キングレコード
オフィシャルサイト:http://www.uemurakana.jp
透明感溢れる歌声と親しみのあるキャラクターで同世代をはじめ多くの人を魅了している植村花菜。2010年に発表した「トイレの神様」がラジオでのオンエアを皮切りに各方面で驚異的な反響を呼び、各チャートの上位を長期的に騒がすロングヒットを記録し、社会現象を巻き起こす。本エンディング曲「輝く時間(とき)の中で」は、せつないメロディに、繊細で表現力豊かな植村花菜の歌をのせたとても感動的なバラード曲。
[植村花菜コメント]
タイアップのお話をいただいて、5年前から作り始め、ずっと温めていたメロディーがとてもピッタリとドラマにハマると思い、長年の沈黙を破ってようやく表に出すことが出来ました♪
ドラマの制作スタッフのみなさんと打ち合わせをさせていただき、歌詞を書き下ろしました。 私が今書きたいこととドラマの意向がうまく重なり、とても温かく優しく、かつ力強いバラードに仕上がったのではないかと思っています。
私自身、とても大好きな一曲になりました。
今回タイアップのお話をいただいて、この曲が完成したことを、本当に嬉しく思っています。
ドラマをご覧になる皆様にも、気に入っていただけると幸いです♪
植村花菜
データ放送

リモコンの「d」ボタン

「水曜ミステリー9」データ放送では、
作品の見どころやキャスト・スタッフ情報、
次回予告などの情報をご覧いただけるほか、
前半までのあらすじもご確認いただけます。

デジタルテレビでご覧の方は、
「水曜ミステリー9」の放送中にリモコンの
「d」ボタンを押してください。

データ放送

ページトップへ