諏訪のスゴ腕警察医2

キャスト

石ノ森龍之介  ・・・  高橋英樹
星野公彦  ・・・  石黒賢
塚本真司  ・・・  高橋和也
塚本加奈子  ・・・  櫻井淳子
金谷千春  ・・・  中山忍
平井幸男  ・・・  西村雅彦
副島信行  ・・・  笹野高史
金谷伸明  ・・・  原田龍二
小橋洋子  ・・・  高橋ひとみ
長瀬雄太  ・・・  竹財輝之助
占いアナウンサー  ・・・  高橋真麻
辻内佐知子  ・・・  猫背椿
森崎茂  ・・・  藤重政孝
柏木光一  ・・・  篠田光亮
新藤正樹  ・・・  加藤虎ノ介
あらすじ

石ノ森龍之介(高橋英樹)は長野県諏訪市で開業する警察医。警察医は要請に応じて変死体を検案する医師で、普段は臨床医として一般患者の診察・診療を行っている。死因究明には一切妥協せず、数々の事件の真相を解き明かしてきた凄腕ドクターだ。

スキー場の救護室当番を終えた石ノ森がホテルの温泉に浸かっていると、長野県警の星野公彦(石黒賢)が偶然入ってくる。星野は以前殺人事件の解明に共にあたった相棒。あまりやる気を出さず、怠け者の面もあるが有能な刑事だ。連れ立ってホテルのロビーを通りかかると、「信州諏訪を盛り上げる会」の行燈が。中に入ると、石ノ森が昼間スキー場で手当てをした少年と母親・辻内佐知子(猫背椿)が礼を言いにやってきた。佐知子はワイナリーで働くシングルマザーだ。

佐知子はパン職人・塚本真司(高橋和也)とその妻・加奈子(櫻井淳子)を石ノ森と星野に紹介する。夫婦は20年ぶりに東京から戻ったばかりで、パン店のオープンを再来週に控えている。挨拶しに近づいてきた老舗ホテルの女将・金谷千春(中山忍)、その夫で県議会議員選挙に出馬予定の伸明(原田龍二)もみな旧知の仲だという。

会の最中、加奈子が突然倒れる。ピーナッツアレルギーによるアナフィラキシーショックを起こしたのだ。佐知子が知らずに加奈子にあげたクッキーが原因だったが、石ノ森の処置で事なきを得る。

翌日、警察から石ノ森に検案要請が来る。スキー場近くの林で変死体が発見されたのだ。遺体は調査会社経営で東京在住の新藤正樹(加藤虎ノ介)と判明。検視官は凍死と判断するが、石ノ森は首筋に残る数珠状の圧迫痕と爪の変色が気にかかり、行政解剖に回すよう指示する。死因は石ノ森の見立て通り一酸化炭素中毒だった。睡眠薬も検出され、殺人事件として本格捜査が始まる。

調べが進むうち、新藤と男女関係にあった秋山美佐(三輪ひとみ)や、前の夜「信州諏訪を盛り上げる会」に参加していた面々に次々と疑いが向けられる。

新藤の事件の捜査に追われる星野のもとに、長野県警の強行犯係係長・平井幸男(西村雅彦)がやってくる。1か月前に見つかった身元不明の白骨死体に関する捜査を星野に任せに来たのだ。男性で死亡当時20歳前後、死後20年ほどが経過していた。頭部には致命傷になったとみられる傷があった。

凄腕警察医と投げやり刑事の個性派コンビが2つの殺人事件の真実を解き明かす!

スタッフ

【脚本】田中孝治
【監督】児玉宜久

エンディング曲

マスカット
平原綾香 / 作詞・作曲:玉置浩二
EMI Records/ユニバーサル ミュージック
オフィシャルサイト:http://www.camp-a-ya.com/
平原 綾香

[平原 綾香プロフィール]
2003年12月17日に『Jupiter』でデビュー。
2005年の日本ゴールドディスク大賞特別賞をはじめ様々な賞を獲得し、2010年に「第1回岩谷時子賞」において奨励賞、2011年には「平成22年度文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)」を受賞。2014年3月『オペラ座の怪人』の続編ミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ』でクリスティーヌ・ダーエを演じ、また『昭憲皇太后百年祭』を記念して開催された『昭憲皇太后基金チャリティ奉納演奏』で明治神宮境内本殿に於いて歌唱を行った。2015年5月『サウンド・オブ・ミュージック製作50周年記念版』で、主人公マリア役の吹き替えを担当。 8月には、戦後70年を記念し、ハワイ・真珠湾で開催された『長岡・ホノルル平和友好記念式典』に出席し『Jupiter』を歌唱。そして12月には、音楽を通じて社会貢献、様々な支援のために『平原綾香 Jupiter 基金』を設立。
2016年5月より、12度目となる全国ツアーがスタートする。
デビュー以来、シングル31枚、デュエットシングル1枚、カヴァーアルバム、ベスト盤を含む17枚のアルバムを発表。
2016年4月27日に「マスカット」を含む、9枚目のオリジナルアルバム「LOVE」を発売。
父はサックス奏者の平原まこと。

[平原 綾香コメント]
平原綾香です。
エンディングテーマを歌えて最高に嬉しいです。

タイトルは、「マスカット」。
玉置浩二さんが作詞作曲してくださったこの曲、
とにかくすごいんです。
初めて歌詞を読んだ時の衝撃を今でも覚えています。
私にとって、とっても刺激的な歌詞だったからです。

まだ歌ったことのない大人の“愛の歌”と向き合った時、
そこに見えてきたのは、幼い頃の記憶、父と母のぬくもり、
もう戻れない懐かしいあの頃でした。

水曜ミステリー9は、回ごとに
いろんな感情を引き出してくれるドラマです。
「マスカット」も、このドラマと同じように
観ている方々の心に触れ、ストーリーに寄り添いながら
それぞれの思い出に残る曲になってほしいと願っています。

データ放送

リモコンの「d」ボタン

「水曜ミステリー9」データ放送では、
作品の見どころやキャスト・スタッフ情報、
次回予告などの情報をご覧いただけるほか、
前半までのあらすじもご確認いただけます。

デジタルテレビでご覧の方は、
「水曜ミステリー9」の放送中にリモコンの
「d」ボタンを押してください。

データ放送

ページトップへ