藤原Pの極私的”町”物語