なないろ日和!

月曜日~木曜日 朝9時28分~午前11時13分 放送!


8月29日(木)の「なないろ日和!」番組内容

【特集】

「お家の防災対策 どうする?」

リポーター:ハマカーン 浜谷 健司

達人:神村咲妃さん

   (防災備蓄収納プランナー協会/防災備蓄収納マスタープランナー

暮らしアレンジing代表)

   長柴美恵さん

   (防災備蓄収納プランナー協会代表理事/収納ドクター®︎

 

一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会

電話番号:03-6869-6074

営業時間:午前9時~午後6時

【定休日】土日祝日・夏季冬季休暇

※詳細は『インターネットにて「防災備蓄収納プランナー」を検索』

 

暮らしアレンジing

電話番号:0367599872

営業時間:月~金 午前9:00~午後5:00

定休日: 土日祝日・夏季冬季休暇

※詳細は『インターネットにて「暮らしアレンジing」を検索』

 

【達人:神村さん宅の防災対策】

●リビング

・テレビ→ジェルマット

 家具の下に敷き固定して災害時の転倒などを防止(キッチンの電子レンジも同様)

●寝室

・非常用持ち出し袋(寝室入口近くに常にセット)

・ヘルメット/ライト → 枕元に置いておくことで緊急時に備える

●仕事部屋

非常食の備蓄庫を設置

→リストを扉に貼り、棚を開かなくても中身・量がわかるようにする

→リストは賞味期限別に色分け

【青:3年以上/黄:1年以上3年未満/赤:1年未満】

 

★被災時に必要な水の量

家族4人 × 1人3ℓ × 7日間 合計 84ℓ

★被災時に必要な食料備蓄量

家族4人 × 1人3 × 7日間 合計 84食

 

※分散収納とは

→収納場所を分散させ 備蓄の全滅を防ぐ

→1カ所にまとまったスペースがないとき 複雑の箇所で必要な量を備蓄する

 

●キッチン

ローリングストック

普段の生活で欠かせないものを1つ多めに備蓄すること

決まった物はなくその家庭ごとに欠かせないものを用意

 

 

【達人:長柴さんによるお家の防災対策】

チェック1 動いてしまう冷蔵庫

→家具、家電と壁面を接着して固定する粘着プレートで対策

 

チェック2 倒れてしまう食器棚

→家具と天井で支えを作り転倒を防ぐ突っ張り棒で対策

(突っ張り棒の位置は、壁に沿わせるようにする)

 

チェック3 重たい家電が上にある

→重い電子レンジを下に、軽いトースターを上に移動

→家電の下にジェルパッドを取り付け固定し、災害時の転倒を防止

 

チェック4 開いてしまう食器棚

→災害時の扉の開放を防止するドアストッパーで対策

 

チェック5 棚の上の小物

(1)  ステンレス材をホームセンターで10cm幅にカットしたものに

ジェルパッドを貼り付けそれを棚につけ

そこに引っかかるようにコの字ラックを固定する

(2)  耐震シートを敷きその上に電気ポッドを置き滑らないようにする

(3)  小物を箱にまとめて災害時に飛散しないように対策をする

 

※背の低い棚の防災対策

→Newパワフルキャリー特別セットに入っている

 転倒防止プレートで対策

ページトップへ戻る


カレンダー