2002年3月16日(土)放送高松

2位 栗林公園

寛永年間(1620年頃)讃岐の藩主生駒高俊公が、紫雲山を背景に南湖一帯を造園、 その後、江戸時代に入り松平家が100年もの歳月を費やし完成させませた。
四国の学生の修学旅行の定番スポットとなっています。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト