2002年11月30日(土)放送亀戸

9位 江戸切子

天保5年(1834)江戸大伝馬町の、びいどろ屋、加賀屋久兵衛が、金剛砂を用いてがらすの表面に彫刻をすることを工夫したのが江戸切子の始まりです。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト