2003年1月4日(土)放送日本の温泉

5位 城崎

文学の街「城崎」は志賀直哉の「城の崎にて」で知られるように多くの文人墨客に愛された街。
城崎は古くから外湯が栄えた温泉地であり、今も尚、城崎は自宅に風呂がない家が多くあります。
また、各旅館は内風呂の大きさなどが厳しく制限されており、街全体が外湯めぐりを推進しています。
【さとの湯】
平成12年7月にオープンした3階建ての外湯です。屋上には和洋の露天風呂が設置されています。

【おけしょう鮮魚】
駅前通りにある鮮魚店。城崎は11月の松葉がに解禁を過ぎると待ちが「かに王国」になります。

【河本商店】
駅前通りにある土産店。浴衣のレンタルをしてくれるお土産物店です。期間6~10月中ころ。

【地蔵湯】
ジェット風呂や家族風呂、打たせ湯などが楽しめます。

【ますや】
カニエビ丼、秋、冬限定のかにみそそばが人気のお蕎麦屋です。

【柳湯】
中国の景勝地、西湖から移植した柳の木の下から湧き出たと伝わる柳湯。

【一の湯】
桃山建築風の外観が一際目立ちます。ここの洞窟風呂は外湯のなかでも人気の一つです。

【三木湯】
志賀直哉の小説「城の崎にて」の舞台になった旅館です。

【御所湯】
建物は民芸調の落ち着いた雰囲気で、湯は美人の湯ということもあり女性に人気の外湯です。

【西村屋本館】
江戸安政期に創業した約150年の歴史を持つ旅館です。この時期はかにづくしコースが楽しめます。

【まんだら湯】
平成13年にリニューアルして新たに檜造りの桶風呂ができました。

【鴻の湯】
コウノトリが傷をこの湯で癒しているのが見つかったといわれる城崎温泉。城崎最古の湯です。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト