2003年1月4日(土)放送日本の温泉

20位 十和田湖温泉郷

青森と秋田の両県にまたがる代表的な二重式カルデラ湖の十和田湖のそばに広がる温泉地です。
乙女像は十和田湖のシンボル的存在のブロンズ像。
詩人でもある高村光太郎最後の作品です。

【蔦温泉旅館】
850年前にすでに湯治小屋として多くの人を癒していた歴史ある湯です。
大正時代初期に建てられた本館は、木造2階建ての日本建築。
泉卿の湯は、全国でも珍しい湯船の底から温泉が湧きあがります。

【奥入瀬渓流グランドホテル】
奥入瀬渓流が望める客室が自慢のリゾートホテル。
ロビーの巨大オブジェは、高さ8メートルの暖炉で、岡本太郎の作品です。

【酸ヶ湯】
広さ80坪の総ヒバ造りで千人入れるというその名も混浴の「千人風呂」。
鼻につんとくる白濁した酸性硫黄泉は、皮膚に傷があるとしみるほどの薬効の高さ。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト