2003年5月24日(土)放送伊豆天城

1位 伊豆の踊子

川端康成が学生時代に訪れた伊豆での踊り子との出会いを記した小説です。
湯ヶ島の「湯本館」や旧天城トンネル湯が野の「福田屋」が舞台になっています。
昭和2年(1927)康成28歳のときに作品を発表、執筆は「湯本館」でした。
湯本館には執筆した間「川端さん」が、福田屋には宿泊した間「踊り子」があります。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト