2003年6月7日(土)放送高田馬場

25位 つまみかんざし博物館

「つまみかんざし」とは、絹の布をピンセットでつまんで折りたたむことからついた、かんざしのことです。絹の布を使い色彩が豊で季節感を出すのが特徴です。
舞妓さんや七五三でよく髪飾りに使われ、都の伝統工芸に指定されています。
常時、約30種類のかんざしを展示しています。日本では(世界でも)つまみかんざしの職人は15人ほどしかいません。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト