2004年3月6日(土)放送日暮里

3位 羽二重団子

創業文政2年(1819)。夏目漱石や正岡子規の日記や句にも度々登場します。
初代庄五郎が音無川のほとり芋坂に「藤の木茶屋」を開業し街道往来の人々に団子を供したのに始まります。
この団子がきめ細かくて羽二重のようだと称されそのまま菓名となっていつしか商号も「羽二重団子」となり、創業以来、江戸の風味と面影を受け継いでいます。


日暮里駅前に昨年2月にオープンしたおシャレなカフェスタイルのお店です。若者や女性に人気があります。
HABUTAEオリジナルメニューもラインナップされ、日暮里に今まで少なかった休憩場所としても重宝しています。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト