2004年4月24日(土)放送木更津

8位 海苔

江戸時代、木更津船によって江戸に物資が運ばれていた頃より、木更津の海苔は高級品として重宝されていました。
千葉県では船橋、新富津、木更津金田が海苔の三大養殖地です。
新潟の豊富な栄養分が上質の海苔を育て、11月から3月までの時期が海苔の養殖期となっています。収穫は高速摘採船(通称・もぐり船)で行います。
養殖の際、青のりが付着した物は「青まぜ」として香りの強い貴重な海苔になります。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト