2008年6月14日(土)放送西早稲田

1位 西早稲田駅

東京メトロ副都心線の開通に伴い、新たに誕生した駅。
駅の深さはおよそ30m。そんな「西早稲田駅」完成までの道のりは決して平坦なものではありませんでした。一般の地下鉄の駅は地下を全て掘って作りますが、西早稲田では地下に水道管などの障害物があり、それらを避ける必要があったのです。その為、一度両サイドから穴を掘り、トンネルを掘るようにして作る「駅シールド工法」が採用されました。かくして計画から36年の歳月を経て、街の拠点となる新しい駅が誕生したのでした。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト