2008年8月2日(土)放送京急 六郷

12位 六郷とんび凧

六郷に伝わる伝統工芸品。
江戸時代、河川敷に干した干物をカラスから守る為に作られたといわれています。しかし、時代の流れと共に一度、その姿を消してしまいました。そんな凧を「六郷とんび凧の会」の会長・吉田恒男さんは街に復活させた一人。今も凧を作り続け、現在、月に10回ほど教室を開き無料で教えています。その甲斐あってか、今では街のあちこちで「六郷とんび凧」を見掛けます。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト