2008年8月2日(土)放送京急 六郷

25位 七辻

大田区には7本もの道が交わるスポットがあります。
この七叉路が誕生したのは大正時代。交差点の奥に住んでいたそれぞれの農家が、自宅へ続くあぜ道の幅を広げた事でこの様になったのだそうです。
さらに、7本の道路が交わるだけでも珍しいうえ、不思議なことにここには信号機が無いのです。しかし、およそ50年間も事故がないのだとか。まさに、東京一の譲り合い交差点なのです。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト