2009年3月21日(土)放送嵐山小川

26位 小川絹

小川町伝統の絹織物。
「小川絹」は華やかな表地ではなく、その裏の裏絹に使用されています。昭和40年代には80軒もの工場がありましたが、現在は7軒が伝統を守ります。数本の絹糸を1本によってから織り合わせるため、重厚で優美な生地に仕上がるのです。動いても着物がズレにくいと機能性も秀逸で、高級呉服に品格を添えています。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト