2009年3月21日(土)放送嵐山小川

28位 福助

安政2(1855)年創業の老舗割烹旅館。
小川町はかつて和紙作りで栄えた事から、街には商談の場となった料亭が点在。今なお残るこちらでは食事だけの利用も個室で頂け、往時の趣に浸れます。伝統の味「女郎うなぎ」の名前の由来はうなぎのタレに…。初代主人の親友が吉原の花魁の虜となり、連れ帰ったのを店で引き取った事から、そのお礼に花魁が実家のうなぎ屋のタレを教えたのだそうです。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト