2010年10月16日(土)放送埼玉 行田

12位 古代蓮の里

蓮の花を中心とした公園。
1971年、ゴミ焼却場の建設現場の地中から発見されたのが、発芽せず1400年以上眠っていた蓮の種。今では「行田蓮」と名付けられ、夏の見頃には10万株が咲き誇ります。そして秋の見所は、園内の展望タワーから見下ろす「忍城」と「のぼう様」の田んぼアート。13000平米のキャンバスに色彩の異なる3種の稲を植え分けて描いています。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト