2010年10月16日(土)放送埼玉 行田

23位 足袋蔵のまちなみ

忍城の城下町の入り組んだ路地を歩いていると、そこかしこに大きな蔵がありますが、それらは足袋の保管に使われていたもの。綿花の栽培が盛んだった事などから、行田は足袋作りの街として発展したのです。最盛期には全国シェアの8割を誇ったその歴史を、今も風景が伝えます。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト